note 「ラインの引き方」と「デイトレード手法」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

noteについてです。

「ラインの引き方」と「デイトレード手法」の違い

現在、noteは2つ販売しています。

・ラインの引き方

・デイトレード手法

どう違うのか?ということを紹介します。

note ラインの引き方

note「ラインの引き方」は、ライン、ゾーンの引き方のみになります。

内容は、シンプルにまとめています。

長々と書いても良いのですが、それをやると、「結局、何をやれば良いの?」と混乱する方も多いようですし、別にそんなに説明も要らない方法なので、シンプルにまとめています。

noteを読めば、誰でも強いラインを引けるようになりますが、「それを使って、どういうトレードをやれば良いか?」というのは、軽く書いてる程度です。

「自分のトレードに生かしてください」という意味で、noteのほうでは具体的なやり方は書いていません。

使い方が分からない方は、いくらでもこのブログに書いてますので、参考にされてください。

ラインは、私が、「本命のライン」と言ってるラインです。

相場には、売りから買い、買いから売りへと流れが切り替わるポイントがあるのですが、流れを変えるためには、パワー(大量の資金)が必要です。

相場の特徴として、流れを変えたポイントまで戻ってくると、もう一度パワーが使われます。

つまり、ラインからは大きく反発する可能性が高い。

逆張りが得意な方はバチンと買ったり売ったりしても良いですが、個人的には、ラインからの反発の流れでシナリオを考えたり、利食い目標として使ったりします。

有名な人だと「We Love FX」のGT5さん達が引いてるようなラインが簡単に引けるようになると思います。

ゾーンを引く位置は若干違いますが、考え方としては同じものです。

note デイトレード手法

デイトレード手法のほうは、シナリオの描き方、エントリーの仕方などを紹介してます。

ラインは基本的にネックラインを使ってます。

こちらもなるべくシンプルにまとめたつもりですが、エントリーのタイミングなどは実際のチャートで解説したものを追加して行ってます。

ラインの引き方は、一度やり方を知ってしまえば、誰でも引けるようになるので記事は追加してませんが、

エントリータイミング、シナリオなどは、裁量が必要になってくる部分も多いので、実例を挙げて紹介してます。

相場は、こういう動きをすることが多いですよね。

下に落ちると思ったら、V字して上がっていく。

「下振り」と呼ばれている動きです。

この下振りにだまされる方も多いと思いますが、ラインが見えてたら売ることもないですし、逆に、「買おう」と思うところです。

noteの、「ラインの引き方」では、紫の本命ラインが見えるようになります。

「デイトレード手法」では、上がっていく流れのどこかで、エントリーする手法になります。

逆張りが得意な方は、下からバチンとやっても良いですが、私は逆張りが出来ないので、noteの「デイトレード手法」では、しっかり足元を固めて上がっていくところで乗る方法を紹介してます。

ある程度、自分なりの手法がある方や、逆張りが得意な方は、「ラインの引き方」が役に立てると思います。

相場に対して、「わけがわからん」みたいな方は、「デイトレード手法」のほうが役に立てると思います。

・ラインの引き方

・デイトレード手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。