損切りww下手糞かよwwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損切りww下手糞かよwwww

損切りww下手糞かよwwww

久しぶりのブログ更新です。

このブログのドメインを更新するつもりは無いので、ドメイン期限が切れたらこのブログは消滅します。

「http」から始まるサイトはグーグルから弾かれるようで、今後は「https」から始まるサイトじゃないとダメらしい。

一応、「http」から「https」に変更できますが、変更の仕方がガチで面倒臭すぎる。なのでやる気なし。

検索エンジンのキーワードを意識する必要も無いので、今回のタイトルは超適当ですww

 

ドル円が急降下。

この急落で儲かった人、負けた人、何もしなかった人。

特に、ファンダで勝負している方は、この急落で悲鳴を上げているようです。

テクニカル1本で勝負している人からすれば、「そんなに騒ぐことか?」

週足

1分足、5分足なら、こんな動き日常茶飯事。

逆に、「早く決着がついて良かったじゃん」

実際、今回の急落では、ど天辺で負けてますからね。

この程度の負けなんて毎日あります。

ファンダで勝負してる人は、この下落を見て「どこまで落ちるんだよ・・・」「死んだ・・・」となるかもしれませんが、テクニカルで勝負してる人は、冷静に見れていると思います。

「何コレ?」「落ちすぎやろ」とは思いますが。

損切りしない理由

ツイッターを見てみると、損切りしない人がかなり多いです。

損切りしない人の特徴が、「損切り」=「下手糞」、「損切り」=「敗北」、「損切り」=「失敗」といった考えを持っています。

トレードというのは、自分が考えて導き出した答え

負けるというのは、自分の考えが否定されるということ。

損切り出来ない人は、「金額が大きい」というより、「自分の考えを否定されたくない」という、「プライド」が根本的な要因。

損切りしない人はプライドが高いので、基本的に他人からの助言を受け入れることはありません。

相場の動きについていく

相場は「読む」ものではなく「ついて行く」ものです。

かといって、この下落に「売り」でついて行かなければいけないというものでもない。

上手い人はついて行けるかもしれませんが、そんな難しいことはやる必要は無く、上に行かなかったら損切りすれば良いだけのことです。

「こういう動きになる!」と思っていても、自分の思い通りに動かなければ、それは切るしかありません。

相場の動きは、台風、地震などの自然災害と同じように、自分の力ではどうしようもないもの。

危険だと思ったら、被害を最小限に抑えるための行動を自分で起こさなければいけません。

「そこは危ないよ!」「はやく非難しないと!」と避難を促しても、頑固でプライドの高い人は、「大丈夫や!大丈夫や!」

何も被害が無ければ、「ホラ、大丈夫やったやろww」

今回は助かっても、こんなこと何度もやってたらいつかはやらかす。

自分の身は自分で守りましょう。

トレードで最も重要なテクニックが損切り

損切り=下手糞、損切り=失敗と考えている方も多いようですが、どう動くか分からない相場の中で、自分の身を守るための唯一の手段が損切り

なので、損切りがトレードの中で最も重要であり、必要なテクニック。

ぶっちゃけ、トレード手法というのは、「どこで損切りするか?」ということだけ。

「どこで損切りするか?」にシナリオも全部含まれているわけですから。

損切りさえ守られれば勝てますし、利食いなんて、適当な値幅で指しとけば刺さるときは勝手に刺さります。

「どこでエントリーして、どこで利食いした」という勝ちトレードしか晒さない人も多いですが、あんなの役に立ちません。

勝ち組であれば、必ずどこかで損失を限定してるはずですし、自分でもそこが一番重要だとわかってるはずです。

そこを晒さないということは、「お前ら雑魚には一番大事なところは教えねーよww」みたいな。

自分のお金は自分で守るしかありませんよ。

損切りはしっかりしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。