ラインを使ったシンプルトレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインを使ったシンプルなトレード方法を紹介します。

ラインを使ったシンプルトレード

今回はシンプルなトレードの紹介です。

このブログを読まれた方で、「意味わからん」みたいな方も多いので。

シンプルにラインからの反発を狙ったトレードになります。

ラインを引く意味ある?

なかなか結果が出せない方は、儲かってる人は、「何か秘密の方法を使ってる」と思ってるのかもしれませんが、そんなことはありません。

ベタなことを淡々とやってるだけです。

負けるときはしっかり負けて、勝つときはしっかり利益を確保する。

これを淡々とやってるだけです。

トレードに独自性というのは必要ありません。

相場がなぜ動くか?

それは、みんなが買ったり売ったりするからです。

大きなお金が動かないと相場は動きません。

なので、みんなが買ったり売ったりするところでトレードすることが大事。

自分しか見えない謎のラインを引いても何の意味がないし、もし、ラインが効いても、それはただの自己満足。

斜めラインを山ほど引いて、「このラインが効いてる!」みたいな。

「誰が見とんねんww」と突っ込みたくなりますが、その人がそれで勝ててるのであれば、それはそれで良いとは思いますが。

良くないのは、そういうのを見て、「そのラインが見えてないから勝てない」みたいな発想になること。

そういうのが良くない。

ぶっちゃけ、ラインなんて適当に引いても効いてるように見えますからね。

ラインが効いてるように見えますよね。

どうやって引いたか?というと、適当に引いてます。

どこで引いてもこんな感じになりますからね。

斜めラインも同じ。

チャートが出来上がってしまえば、どんな引き方をしてもラインが効いてるように見えます

じゃあ、ラインを引く意味ってあるの?と思ってしまいますが、ちゃんと意味はあります。

成績を安定させるためには、同じ条件でトレードするということが重要になってきます。

ラインを使うことで、同じ条件でトレードし続けることができるので成績が安定しやすくなります。

また、精度の高いラインを使うことで、より勝ちやすくなります。

ここ数年パチスロを打つこともないですが、パチスロの設定と同じ。

確か、ず~っと設定4以上を打ち続けてれば勝てたはず。

そして、設定4を打ち続けるより、設定6を打ち続けたほうがより勝てます。

精度の高いラインというのは、パチスロだと設定6と同じこと。

「より勝ちたいなら、精度の高いラインを使いましょう」というだけのことです。

ラインの引き方は、成績を安定させるために、自分なりに同じ条件で引けるようにルール化したもので良いと思います。

さすがに、毎回適当に引いてもたぶん勝てませんので。

強いラインを引きたい方は、ラインの引き方を参考にしてみてください。

⇒note ラインの引き方

ラインを使ったシンプルトレードのやり方

シンプルにラインからの反発を狙ったトレードになります。

反発の確認も独自性は必要なく、誰もが「反発した」と判断できるものを使えば良いだけ。

一番簡単な方法が、ダブルトップやダブルボトムです。

ダブルトップにも大小の波があるので、自分の見てる波でトレードすることが重要。

1分足でも問題なく使えます。

ポイントは、必ずラインタッチで使うこと。

ラインの引き方をルール化し、一定の条件で引き続けたラインタッチでトレードし続けることで成績が安定しやすくなります。

利食い目標の基本は1:1です。

ここまでが基本パターンで、ここまでの流れで独自性というのは必要ありません。

独自性を加える

ラインタッチでダブルトップでトレードする。

これが基本形。

ここから、独自性を加え、勝率やリスクリワードを上げるためにはどうすれば良いか?ということを自分なりに考えていきます。

勝率、リスクリワードを上げるための方法として、一番はやっぱりシナリオ。

長中期の流れの中でトレードすることで伸びやすいし、勝率も上がります。

もう一つがエントリーのルール。

昨日のツイッターでも紹介しましたが、ネックラインを下抜けたところで飛び乗るのではなく、引き付けてエントリーするだけでリスクリワードが変わってきます。

これで勝率が変わることはありませんが、リスクリワードが1:1以上なら勝率が50%行かなくてもトータルでプラスにできます。

1:1のところで半分利食い。

損切りを建値に移動して、勝ち確定の状態で伸ばしても良いと思います。

ここでは建値まで戻ってますが、相場環境が良ければまだまだ落ちます。

ラインを使ったシンプルトレードのまとめ

ダブルトップ、ダブルボトムは探せばいくらでもあります。

ですが、全てでトレードするのではなく、自分の引いたラインにタッチしたときだけトレードすることが大事。

ラインを使ってエントリーポイントを一定化することで、成績は安定しやすくなります。

より勝ちたい、より利益を出したいというのであれば、やっぱりラインの精度や強さが重要になってきますので、強いラインを使いたい方はnoteを参考にしてください。

⇒note ラインの引き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。