どういうところでトレード出来る? ラインの引き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインを使ってどういうシナリオを描くのか?どういうトレードするのか?を紹介してます。

どういうところでトレード出来る?

noteを読んでいただくと、誰でもこういうチャート形成の軸となるラインやゾーンを簡単に引けるようになりますよ。

ラインの引き方がわからない方は、ぜひ活用されてください。

⇒ラインの引き方 note

 

トレードするために必要なのがシナリオです。

つまり、右の空白の空間でロウソク足はどんな動きをするのか?

紫の軌道を予想するのがシナリオです。

「予想はしてはいけない」「事実に従うだけ」

こういうことを言う人がいるので、初心者の方は混乱するかもしれません。

だから、「レンジを抜けた!」「抜けたほうに着いて行こう!」とか、アホなトレードをやりがち。

そういうのってカモですからね。

相場ってそんな単純なものではないし、もしそれで勝てればホント、誰も苦労しません

みんな勝てずに苦労してるんですよ。

じゃあ、レンジブレイクって通用しないのか?

そんなことはありません。

ちゃんと使う場所を選べば通用する手法です。

どこでも、レンジを抜ければエントリー出来るのではないだけです。

じゃあ、どういうところで使えばよいのか?

その判断をするためにラインが必要になってきます。

トレンドが発生して、一方通行の相場であれば、レジサポはそこまで気にする必要はないのかもしれません。

でも、そういう相場って滅多にありません。

「気づいたらトレンド終わってた・・・」みたいな感じではないでしょうか。

基本、レンジですからね。

レンジの中でトレードするときに意識すべきことは、レジサポのスペースを取るという意識。

この意識がないと利益が残りません。

だって、レンジなんだから。

どこからでも逆行してきますからね。

昨日、ポンド円はこんな感じでラインを引いてました。

どこでトレードできるか?というと、レンジを上抜けた緑○のところで買えます。

利食いは上のラインの×。

結果、上抜けてますが、A字も普通にありますからね。

実際、今日の朝は一気に落ちてきてます。

黄色ゾーンでサポートされることもなく、一気に下に突き抜けてます。

こういう動きが、昨日の時点でもありえたということです。

 

何も無い状態で右の空白の動きを予想するのは相当難しいです。

でも、ラインがあればさほど難しくはありません。

意識するのは、ラインとラインの空いたスペースでトレードするということ。

とりあえずど真ん中は手を出さないほうが無難。

レンジを抜けたら買ったり売ったりすれば良いだけです。

もちろん、高値更新を狙うのもアリですが、レジスタンスから反発して、青の流れで落ちる可能性を理解したうえでチャレンジするということが大事です。

一旦上がっても、また建値付近まで落ちてくることもあります。

このとき、損切りまで耐えるべきときと、損切りまで耐えるのが馬鹿馬鹿しいときがあります。

青の軌道で落ちてきてるときに、損切りまで耐えるとかバカですからね。

だって、レンジでレジにタッチして落ちてきてるわけですから。

利食いできなかったら、最悪建値で逃げましょう。

紫の軌道で落ちてきた場合は、これは損切りまで耐えるべきです。

これが耐えられないならFXやめましょう。

1分足でやってるなら全然逃げるのもアリだと思いますが。

レジサポが見えることで、どこでトレード出来るか?というのが見えてきますよ。

活用してみてください。

⇒ラインの引き方 note

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。