ラインの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインの使い方の紹介です。

 

 

ラインの使い方

昨日ラインを販売しましたが、結果は爆益でしたww

まあ、実際はこんな感じでラインだけ引いてたんですけど。

1pips届かず。

しかも、矢印で売って負けてるし・・・

一応、noteには書いてましたが、なるべくピンポイントで反応しやすいところで引いてるだけで、ラインはゾーンが基本ですので。

別に下から買う必要はなく、「サポートから反発した」と思うなら紫上昇が出たあと買えば良いだけです。

紫上昇が出たあとも、すんなり上がることなくゴチャゴチャやってるので負けたのですが、最終的には上昇に乗れて余裕で勝てました。

購入された方がどのような使い方をするのか知りませんが、簡単で勝ちやすい使い方を紹介します。

勝ちやすい方法とは?

トレードは、一回の勝ち負けで一喜一憂するのではなく、トータルでプラスに持っていくことが目的です。

トータルでプラスに持っていくために必要なことは2つ。

①勝率を高くする。

②リスクリワードを高くする。

この2つのどちらかになります。

もちろん、勝率が高くてリスクリワードが良いに決まってますが、よほどセンスがないと難しいと思います。

①勝率を高くする

基本的に、勝率を高くするとリスクリワードが悪くなります。

また、勝率を維持しなければ勝てないので、「負けられない」というプレッシャーもかかります。

すでに勝ててる人からすれば、「勝率が高くて当たり前」みたいなところがありますが、負け続けている人が勝率を高めるというのは至難の業。

そう簡単なものではありません。

②リスクリワードを高くする

なかなか勝てない方は、リスクリワードを高くするほうが圧倒的に勝ちやすいです。

だって、連敗しても余裕で勝てますから。

そのかわり、勝つ時にしっかり勝つことが大事。

それがわかってるから、必死でポジションを握り続けるのかもしれませんが、そんなに伸びませんから。

基本レンジですしね。

リスクリワードを高くするためには、利益を伸ばすのではなく損切り幅を狭くすれば良いだけです。

例えば、損切り幅5pipsで10pips獲得すれば、リスクリワードは1:2です。

でも、損切り幅2pipsで10pips獲得すれば、リスクリワードは1:5になります。

 

今回はそのやり方の紹介です。

本来ならこういうのも何万円とかで売れる情報なのですが、無料で公開します。

販売してもどうせ売れないし。

そのかわりnote買ってくださいな。

リスクリワードを高くする方法

損切り幅を狭くするにはどうすれば良いか?

ラインでバチンとエントリーして、逆行したら速攻で切る?

まあ、無理だと思います。

判断は難しいし、スベるので2pipsで切ったつもりが5pipsぐらい負けたりしますので。

ラインまで上がってきたときどこでエントリーするか?

上がってくるということは、1分足で上昇の波を作って上がってきます。

これって、上昇の波が崩れないと絶対に落ちないんですよ。

波が崩れるのが安値を下抜けた瞬間。

この瞬間に、「ラインが効いてる」「ここから落ちる可能性がある」と判断できるわけです。

そして、この瞬間にあることが決まります。

それが、「高値で損切りできる」ということ。

もし、V字で高値更新するようなら、「ここからは落ちない」ということなので損切りするしかありません。

可能性があるならチャレンジして、可能性がなくなった時点で損切りです。

損切りするところが決まれば、あとは簡単。

-2pipsのところまで引き付けてエントリーすれば良いだけ

一気に落ちたり、-2pipsのところまで上がってこなければ見送り。

めちゃくちゃ簡単です。

 

昨日のトレード。

ラインまで上げてきて、1分足で転換したので、あとは上に引き付けてエントリー。

損切り幅は2pips以下。

一気に落ちてMAの下に潜りこんだので、安値かMAを上抜けで切る予定でした。

MAを上抜けず目標の安値に到達したので利食い。

+18pipsぐらい。

リスクリワードは1:9です。

最後のトレードもやることは同じ。

+17pipsぐらいで、リスクリワードは1:9ぐらい。

もちろん、勝つばかりではなく、たくさん負けます。

意味不明なトレードもしてるし。

こういうところでサクサク負けてます。

ただ、必ず引き付けてエントリーしてるし、抜けた瞬間に手動で切ってます。

なので、3連敗しても-6pipsぐらい。

実際は5連敗ぐらいしたよう気もするが・・・

それでも余裕で利益は残ってます。

ここも当然狙ってましたが、上がってこなかったので見送りです。

こういうときに限って下に落ちますが、これを見送る勇気が必要。

ちゃんと来るときは来るので。

引き付けてエントリーするということを徹底すれば大負けするということはほとんどないと思います。

重要なこと

最後に重要なことですが、こういうパターンを知るとどこでもエントリー出来そうに見えますが、環境認識をしてシナリオを考えて、レジサポタッチで使いましょう。

あと、note買ってくれるとうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。