ドル円暴落 2019年1月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドル円暴落 2019年1月2日 チャート分析です。

 

 

ドル円暴落

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

日足。

チャートを開いてみると、「んっ?」

新年早々大暴落です。

ドル円でここまで落ちてるのを初めて見ました。

朝っぱらから400pips以上落ちてるようです。

年末から落ち始めて、×まで落ちました。

年末年始ということで動きが鈍くなると予想してましたが、まさかの大トレンド発生。

何が原因で落ちたか知りませんが、テクニカルでも考えられる動きです。

これが5分足、15分足ならこういう動きはザラにありますからね。

週足。

紫下落で安値を更新してます。

安値更新したので、紫下落の戻り売りが入らなければいけないところでした。

でも、売りが入らずV字で高値更新してます。

V字で高値更新したので、次は赤上昇に対して押し目買いの番。

結果は、押し目買いが続かず安値更新。

ということで、今は緑下落に対して戻り売りの番です。

個人的には上に抜けると予想してましたが、結局下に落ちてきました。

なぜ、上に抜けると予想してたか?

111円と113円から戻り売りが入ってます。

2度、戻り売りが入ったけど、「落ちない」

「落ちない」=「上に抜ける」

という判断で、上抜け優勢で見てました。

ただ、紫上昇の押し目買いがズボっと落とされた時点で、上抜け狙いは一旦様子見

その後の展開が非常に速く、今の状況です。

5分足とか15分足で、上、上、上と方向が揃って、買い注文が集中したところをズボっと落とすことはよくあります。

こういうダマシの特徴が、動きが速い。

それが今は週足とか月足レベルで起こってるので規模が違う。

緑下落に対して戻り売りです。

しっかり上を試して、上抜けきれずに落ちてきている状況。

なので、戻り売りで安値更新の流れというのが基本的な戦略。

 

日足。

安値付近まで落ちましたが長いヒゲで戻しています。

動きが大きすぎてレジサポが機能してません

キリ番ぐらいしか見るところがないので、「○円から落ちる!」みたいな予想をしてる人も多いと思います。

そういう人たちが負けた後がチャンス。

チャートの動きの裏には人がいます。

チャートがどんな動きをしたら、人はどんな行動をするのか?

チャートが動いて、真っ先に行動するのではなく、真っ先に行動した人たちがどうなったのか?

そういうのを見届けてから行動しても遅くはないと思います。

現時点では、キリ番ぐらいしか見ることができません。

なので、今後は「キリ番を軸に、どのような攻防が起こるのか?」というのを注目したいところです。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。