本命サポートに到達 2018年12月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本命サポートに到達 2018年12月21日 チャート分析です。

 

 

本命サポートに到達

日足。

昨日はかなり落ちました。

一気に111円まで落ちてます。

結構落ちてきましたが、黄色の波は崩れてません。

ここから黄色の上昇の波が継続する可能性もまだまだ考えられます。

そもそも、黄色上昇の中で、どこが重要か?(重要なサポートか?)

手法によって、重要なサポートの位置は変わってくると思いますが、個人的には水色ゾーンになります。

なので、矢印からの上げがそもそも中途半端。

重要なサポートまで落ちてきたからといって、今の位置から買うか?というと、買いません。

中途半端な位置からでも結局上がってしまって、高値を散々試して落ちてきてる状況です。

非常に買いづらいタイミングですし、どちらかというと、下抜け優勢で考えていても良いと思います。

ただ、注意しなければいけないのが、水色ゾーンが黄色上昇の中でも本命であり、ここから高値を目指す可能性も十分ありえるということ。

黄色上昇の安値が割れたわけじゃありませんので。

まだまだ、上昇トレンドの継続は考えられます。

 

4時間足。

赤下落に対して戻り売りです。

ほぼ揉まずに落ちてきてるので注意が必要。

揉まずに落ちたということは、揉まずに上がる可能性もあるということです。

戻しを止めるところがありませんからね。

112円手前で唯一あるのが、水平線を引いた前回安値ライン。

とりあえず、このラインから反発するか?というのが注目のポイントになります。

1時間足。

前回の安値(111.375)付近の攻防が注目のポイント。

基本は戻り売りで良いと思います。

111円からの反発なので、逆に買ってくる人たちもいます。

買う人たちはどこで買うか?

前回安値ラインのレジサポ転換とかで買ってきます。

買いたければ買っても良いと思います。

上がるときは普通に上がるので。

売りに絞ってるなら、買った人たちが負けた後が狙い目。

ダブルトップを形成し、ネックラインを割れた後の戻り売り。

なぜ、そこでダブルトップを形成するのか?

なぜそこで売るのか?

しっかり意味を理解してトレードすること大事。

配信された指示に従って、ラインで売ったり買ったり。

ラインの意味がわかってれば良いけど、意味もわからず、ただ指示に従うだけ。

勝てば良いけど、負けたらどうするの?

負けたときに何を反省するの?

ラインの意味がわからないから、指示に従うしかありません

負け続ければ疑心暗鬼になり、配信が信じられなくなる。

配信が信じられなくなり、トレードを見送ると、自分が見送ったときに限ってなぜか大勝してる・・・

配信者は、「ドヤっ!」

信者は、「あざーっす!!」

自分は、「何で配信を信じられなかったの!バカバカバカバカ!」

配信を信じなかったことを反省するの?

人に頼らず、自分で考えてトレードしましょう。

そのためには、意味を理解することが大事ですよ。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。