ロングは様子見 2018年12月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングは様子見 2018年12月6日 チャート分析です。

ロングは様子見

日足。

おとといの下落で113円を下抜けました。

昨日は売りが続かず、反発して陽線で終了。

昨日の上昇で、下抜けてた113円も上抜けました。

陽線が出てますが、もう一発安値を目指す動きが出やすいので要注意。

4時間足。

昨日からずっと上げてましたが、ネックラインからズボっと落とされています。

ただ、すぐ下には113円があります。

ネックラインから売り、113円からの買いがぶつかります。

どっちが勝つかはわかりません。

「じゃあ、ここは手を出さないでおこう」という判断が出来ます。

1時間足。

日足から見てくると、中期的に安値試しが出やすい状況。

その流れに乗ってショートがやりやすいと思います。

どのタイミングで売るか?というのは、移動平均線を使うとプランが建てやすい。

移動平均線の動きを予想するのは簡単。

この中でロウソク足のパターンを予想すれば良いだけです。

すんなり落ちずに、ややこしい動きで落ちるパターンもあります。

緑の移動平均線が日足の20期間になります。

なので、基本的に緑の移動平均線の下にいる間は中長期的なロングは様子見が無難です。

スキャルが出来るならロングも良いと思いますが、スキャルも現時点ではショートがやりやすいと思います。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。