環境認識力が上がる方法 2018年11月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境認識力が上がる方法 2018年11月30日 チャート分析です。

 

 

環境認識力が上がる方法

日足。

紫上昇に対して押し目買い。

水色ゾーンぐらいから上がるか?というところ。

4時間足。

昨日は落ちましたが、ようやく水色ゾーンから反発を始めています。

反発してますが、ここから一気に高値まで行くかはわかりませんし、基本的には行かない前提で考えておいたほうが良いと思います。

つまり、赤下落に対して戻り売りが入ってくるという前提。

戻り売りが入ってきて、それが「下じゃない!」という動きが出たらガチで上が狙えます。

青の下落を意識することがものすごく大事。

細かく見るなら、右の青下落も同じこと。

長期も短期も同じことやってます。

しっかり、安値試し、高値試しは意識しましょう。

1時間足。

移動平均線に挟まれて、わけがわからないところ。

このサイズで見てるなら様子見が無難かと。

15分足。

このサイズなら、黄色上昇に対して押し目買いが狙えます。

青の移動平均線がすくい上げるようにサポートしているので、ここ辺から上がるようならどこかでロングを狙いたい。

ただ、上は基本的に黄色上昇の高値までになるので、しっかり引き付けてから狙いたいし、チャンスは限定的なものになります。

ロングを狙うなら、とりあえず上抜けなければいけないラインがあります。

それがオレンジの高値ライン。

現時点では、このオレンジの高値を上抜けない間は買わないほうが良いと思います。

上抜けるといっても、こんな感じで一気に高値更新した場合は見送りです。

オレンジの高値を上抜けて落ちてくるようなら、短期で押し目買いが狙えます。

高値付近で利食いするのが無難かと。

緑の移動平均線も走ってるので、あまり欲張らず利益が出たらしっかり確保していきましょう。

 

ポンドドル1時間足。

黄色下落に対して戻り売り。

緑○が戻り目で、安値を目指している途中です。

目標は、黄色下落の安値ですよね。

こういうのがわかってれば、今何をすべきか?というのもわかってきます。

戻り売りです。

画像一枚で環境認識って出来ます。

ツイッターやってるなら、こういうのをどんどん張っていくと良いと思います。

アウトプットすると確実に環境認識力は上がります。

「どこでエントリーした」とかをキャプチャーしている方は結構多いですが、自分のためを思うなら、環境認識のほうをキャプチャーしたほうが良いと思いますよ。

そっちのほうが後から見直したとき反省点も見えてくるので。

また、誰かに教えてもらっているのであれば、環境認識のキャプチャーを残していくことで、その人が「どんな視点でチャートを見てるか?」というのがわかります。

教える側からすればアドバイスもしやすくなると思います。

「キャプチャーとか、環境認識とか、面倒くせぇ・・・」というのは、お金を稼ぐことに対して舐めすぎ。

時給何百円とかのレベルじゃないですからね。

何十万、何百万、何千万円のレベルですから。

そういうレベルのことをやってるということを忘れずに。

何十万、何百万、何千万円稼げるということは、逆に、何十万、何百万、何千万円も失う可能性があるということです。

なくなるのは自分のお金ですよ。

真剣に取り組みましょう。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。