簡単なところがわからない・・・ 2018年11月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単なところがわからない・・・ 2018年11月26日 チャート分析です。

 

 

簡単なところがわからない・・・

日足。

黄色上昇に対して押し目買いでダブルボトムを形成。

ダブルボトムのネックを上抜けて高値を目指しているところです。

次は、紫上昇の押し目買いで、しっかりサポートされて更に高値を目指すか?というところ。

上、上と来てますし、最終的には上に抜けていく可能性は高いです。

でも、今は、下への圧力が強いところなので要注意。

下への圧力を跳ね返した後が上に行きやすい。

4時間足。

自分がどのサイズでトレードするか?というのはブレずに持っておくことが大事。

このサイズでトレードするなら、移動平均線の下にいる間はロングは様子見が無難です。

 

1時間足。

緑と青の移動平均線が上、赤の移動平均線が下。

今の位置をキープするようなら、赤の移動平均線も反転して上を向き始めます。

なので短期的にはロングもアリかと思います。

ただ、注意しなければいけないのが、長期から見てくると今の位置から長期で下を試す可能性が高い状況です。

急落には要注意。

今の位置は、長期で下を試す位置でもありますが、中期的には上を試す位置でもあります。

赤上昇の押し目買いで高値を目指しやすい。

高値を目指したけど「上じゃない!」という下落が出たら、今度は長期で安値を目指しやすい状況になります。

更に細かく見ていけば、赤○のところは短期の安値試し。

チャートはこの4つの繰り返し。

①押し目買いが成功するパターン。

②押し目買いが失敗するパターン。

④戻り売りが成功するパターン。

⑤戻り売りが失敗するパターン。

この4つパターンを永遠に繰り返しています。

パターン的には簡単ですが、波のサイズがたくさんあるから難しくなります。

大中小、それぞれの波を把握して、それをパズルのように組み合わせていくのが長期からの環境認識です。

それぞれの波で方向がバラバラであれば、パズルは複雑になるので難しくなるのは当然。

簡単なところでトレードしたいなら、やっぱり長期からの方向が揃ったところでトレードするのが良いかと。

難しくてなかなか話についてこれない方もいると思います。

今の位置というのは、それくらい難しい位置だということ。

難しいならやらなければ良いだけですからね。

上がるかどうかわからないところから買う必要なんてありません。

こういうわけがわからないところでトレードするなら、それなりに難しいことを考える必要があるという話。

複雑に考えたくないなら、わかりやすいところだけやれば良いだけ。

実際勝てるかどうか?というのはやってみないとわかりません。

ただ、赤○のところって『買い』以外ないですよね。

方向がバラバラで難しいところは、それなりに頭を使う必要があります。

わけがわからないなら手を出さないようにしましょう。

「そもそも、簡単なところがわからない・・・」

このレベルでなぜお金を使うのかが意味不明。

「車の運転の仕方がよくわからない・・・」と言ってるのと同じレベルですからね。

事故りたくないなら、しっかり練習して、勝てるようになってからお金は使いましょう。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。