底で買うには? 2018年10月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

底で買うには? 2018年10月26日 チャート分析です。

 

 

底で買うには?

日足。

113円と112円のスペースで揉んでます。

今の状況と似てるのが、下の水色。

結局、上に上がりましたが、どんな動きをして上がったのか?

そして、どこで買えば良かったか?

もちろん買うだけでなく、損切りはどこにおくべきだったか?

出来上がったチャートなら、100点の答えが出せて当然。

もちろん、手法によってそれぞれ答えが違いますが、出来上がったチャートなら、自分なりにエントリーの根拠が説明できることは絶対条件です。

そのレベルではじめて未来のチャートでチャレンジできます。

水色の部分は、完全に答えが見えている状態。

この状態で、「どうすれば良いかわからない・・・」

その程度のレベルで、緑の部分でチャレンジするのはほぼ自殺行為。

お金の無駄なのでやめましょう。

どこで買えば良かったか?

ひとつ言えることは、黄色の部分では買う必要はない。

水色○のところで買ってる人は、黄色で買ってるのと同じですからね。

「底で買おう」という意識が強い人がこういうところで買うのだと思います。

何度も言ってきたことですが、「底で買うのは、そのタイミングじゃなくても良くね?」という話。

上がるときは必ずどこかを上抜けます。

とりあえず、MAは上抜けないと話にならない。

MAを上抜けたあとの押し目買いで良くないですか?

紫上昇が出た後、落ちて来てます。

落ちてきたところの「底」を拾うのが押し目買いです。

「黄色上昇の押し目を拾っている」という意識なら、今の位置で買っても問題ないと思います。

黄色上昇の押し目買いなら、損切りは安値下に入れるのが妥当。

250pipsぐらいありますけど。

 

4時間足。

黄色下落で高値切り下げなので、売り目線で良いと思いますが、上がりすぎ。

1時間足。

上昇の勢いが強いので、紫上昇に対して押し目買いが入ってきます。

手法によってチャートの見方が違うと思いますが、私の場合は、押し目買いが入ってくるのが前提。

押し目買いが入ってきて、「どうなるのか?」というのを見極めて、買ったり売ったりします。

もちろん、買いが入ってこず一気に落ちたりするのですが、そういうときは基本的に何も出来ません。

個人的にはほぼスキャルなので、チャンスがあればロングも普通にやりますが、中期的には下で考えてます。

113円を上抜けるようなら中期的に上で考えると思います。

金曜日ですし、上のパターンは来週以降ですね。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。