レジサポ 2018年10月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジサポ 2018年10月19日 チャート分析です。

 

 

レジサポ

日足。

黄色上昇に対して押し目買いですが、紫下落が強いので、紫下落の戻り売りも考えられます。

4時間足。

昨日は落ちましたが、レジ的にはかなり微妙な位置から落ちてます。

とりあえず安値を下抜けているので戻り売りの番。

しっかり頭を抑ええられて落ちるようならどこかで戻り売りの流れに乗りたいところ。

1時間足。

まだ上に余裕があったので、昨日のツイッターでは、「ロングを狙っている」と書きました。

結果、全く止まらなかったので買うこともありませんでした。

 

15分足。

ゾーンとラインを引いてますが、ラインが強いところです。

ラインは基本的にピンポイントで反応します。

全く機能してないように見えますが、リアルタイムで見ると必ず反応してます。

そこで止まるかどうかは、結局、どれくらい売りが強いか?によります。

ラインでは必ず反発するとは限りません。

逆に、必ずいつかは抜けるものです。

なので、個人的にはしっかり止まるのを確認する方がおすすめです。

5分足。

ラインでしっかり止まってます。

ダブルボトムを形成しそうでしたが、ズボっと落ちました。

この時点でロングは様子見。

サポートラインをズボっと下抜けたあとは当然安値を目指すわけですが、安値を抜けきれず。

紫上昇が出た時点で再びロングのチャンスになります。

1分足。

もうちょと買いやすい形になってれば買ってたと思います。

買いづらかったので見送りました。

ここは紫上昇が強いので、落ちてきたところをバチンと買うのも良いと思います。

紫上昇の押し目買いは高値更新で成功しましたが、結局は、上のレジで反発して落ちていく流れになりました。

ツイッターでも書いてますが、そもそもがサポートが弱いところから上がろうとしてたところなので、こういうリスクも考えて紫上昇の高値更新で利食いするのが良かったかもしれません。

15分足。

今は、水色ゾーンで頭を押さえられて落ちるか?というのを見てます。

下は、とりあえず青水平線をひいた111.827ぐらい。

こういうところもピンポイントで反応するので要注意。

止まるかどうかは実際にラインまで到達しないとわかりませんが。

ただ、間違いなく反応するところです。

なぜ反応するか?というと、青水平線にはいっぱい買い注文が入ってるからです。

買うなら、こういうところを背にして買いたいし、逆に売ってるなら勝負したくはありません。

レジサポってこういうことですからね。

ただ反応するラインではありませんので。

しっかり意味を理解して使いましょう。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。