止まらないと上がらない 2018年10月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

止まらないと上がらない 2018年10月9日 チャート分析です。

 

 

止まらないと上がらない

日足。

黄色上昇に対して押し目買い。

基本は、紫の高値ラインを上抜けです。

私は予想屋でも何でもありません。

「今の相場はどうな状況なのか?」

ということを、淡々とやっているだけです。

「今の相場がどんな状況なのか?」というのが分かれば、次のパターンも自然と分かるようになってきます。

今の相場は、総合的に考えて、「高値更新、更に、紫の高値ラインを上抜く可能性が高い」と判断できます。

ただ、私は予想屋でも何でもないので、「上がるから買いましょう」というわけではないので勘違いしないようにしましょう。

「上がる形になれば、紫上昇の押し目買いで高値更新、さらに紫水平線まで狙えますよ(チャレンジできますよ)」ということです。

個人的にはスイングをやることはありませんが、スイングをやるならどういうところで買うか?

しっかり止まって、上がっていくようなら買います。

既に買ってる人、上から売ってる人、どちらもいると思いますが、何でそんなに焦ってエントリーするのかよく分かりません。

あきらかに陰線強いし、まずは、しっかり止まらないと上がりませんからね。

ずっと同じことやってるんですよ。

当たり前のことですが、止まらないと上がりません

何で止まる前に買うの?

基本は、黄色上昇の押し目買いで高値更新、そして、紫の高値ライン上抜けです。

でも、止まらないことには話になりません。

 

ポンド円15分足。

ものすごく落ちました。

私の手法では買うところです。

でも、止まらなかったので買う必要ないですよね。

手法では、そもそも買うところなので売る必要もないし。

他人がこの下落で、どれだけ稼いだかとかどうでも良いこと。

ツイッターやってると、「いくら稼いだ!」というのが流れてきます。

他人のツイートで惑わされるようなら見ないほうが良いと思います。

ハッキリ言って、自分にとって害でしかないので。

そもそも、ここはなぜ買うところなのか?

4時間足。

このチャートで重要なポイントとなっているのが、4時間足でも明確に認識できるダブルボトム。

ダブルボトム形成後は、明確に、ネックラインと高値を上抜けているので普通は買います。

でも、青下落でA字。

買い失敗ですよね。

買いが失敗したら、次は青下落に対して戻り売りが入らなければいけません。

でも、紫上昇でV字。

売り失敗です。

じゃあ、次は紫上昇の押し目買いの番ということになります。

昨日、重要だったのが水色の部分。

青下落の戻り売りと、上に突き上げる買い勢力がぶつかったところです。

4時間足でこれだけ振り回しているのだから、水色は強サポです。

15分足。

強サポで全く反応せず。

全く止まる気配もないので買って負けることもありません。

売るなら短期の買いが失敗したあとの赤○。

それ以外は売れません。

ずっと落ちてるし、1分足を見ればいくらでも乗るところはありますが、個人的には環境を考えると○以外では売れません。

他人がこの下落でいくら稼ごうが自分には全く関係ないことです。

他人のツイートでトレードがブレてしまうようなら、いらない情報はなるべく見ないようにしましょう。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。