もしかしてスランプ? 2018年9月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかしてスランプ? 2018年9月26日 チャート分析です。

 

 

もしかしてスランプ?

日足。

赤上昇の押し目買いで高値を目指しているところです。

もうすぐ高値到達。

高値更新すると目標達成です。

このサイズで買ってる人も、「とりあえず目標達成したから利食っとこう」となりやすいので高値更新後の動きには要注意です。

4時間足。

上昇トレンド継続中です。

上昇トレンドが継続している間は、素直に買いでついて行ったほうが勝ちやすいと思います。

ただ、長期のレジに突っ込んでいるのに、売りが入らずに上げ続けている状況。

短期的には安値を割って、買いの損切りを刈りながら上げてるので、4時間足で見るほど簡単な相場ではありません。

安値を割り込んで、「下に落ちる」とみせかけてのV字。

こういう動きで負けやすい。

負けるのはしょうがないけど、負けた後どうするのかが問題。

ドテンする?もう一度ロングのチャンスを待つ?様子見する?

「上昇トレンドだから買えば良い」

長期のレジに突っ込んでいるところなので、そう簡単なものではありません。

上も下も考えられる難しい相場です。

個人的にはやっぱり様子見が無難かと。

昨日、ツイッターで「弟子は取らないのですか?」というコメントをいただきました。

FXで、弟子とか師匠とか先生とか生徒とか。

そういう人たちのツイッターなどのやり取りを見てると、

「先生を信じてれば勝てる!」「先生を信じてれば必ず救われる!」

完全にアレですわ。

ガチでキモいのだが。

あんな感じになりたくないので、直接人に教えることはありません。

もちろん、質問をしてもらえればアドバイスすることはありますが。

「ブログで公開してない何か別のやり方がある」というものでもありませんので。

スキャルをやっている方にアドバイスするなら、とにかくレジサポです。

長期、中期以上にレジサポを意識するようにしたほうが勝ちやすいと思います。

エントリー手法なんてなんだって良いんですよ。

レンジブレイクで乗ろうが、トレンドラインを抜けたところで乗ろうが、自分が使いやすいやり方で全く問題ありません。

重要なのは、それがレジサポからの反発なのか?ということ。

強いレジサポからの反発なら、方向が間違えていたとしても、ある程度、パコーンと動くので利益も確保しやすいし、最悪建値で逃げることもできます。

エントリーしてから一度もプラスにならず、「損切りに一直線」という負け方が多い方は間違いなくレジサポが弱いです。

とにかくレジサポの研究。

これがスキャルで勝てるようになる最大のポイントだと思います。

15分足。

今、陰線で落ちてきました。

落ちてきているので、「どこで買う?」ということを事前に決めておかなければいけません。

つまり、サポートラインはどこか?

個人的には水色で買います。

今、ヒゲをつけて上がりそうですが、こんなの手を出しません。

必ず、自分が信じたサポートラインにタッチして上がっていく流れで買うことが大事。

 

5分足。

結局、サポートにタッチせずに上がりました。

こういうのは絶対手を出さない。

必ず、自分の信じたサポートラインからの反発の流れで買います

これがもし、1時間足とかだったら上がった位置から追撃ということも考えられますが、スキャルはやらないほうが無難。

レジサポを見れるようになると、こんな感じでしっかり反応するところがわかるようになります。

どんぴしゃで反応してますが、こういうのは日常茶飯事で出来るようになってきます。

いちいち、ドヤるほどのことでもない。

1分足。

矢印のところで反応してますが、こういうところでバチンと買う必要はありません。

しっかりサポートが機能していることを確認して買えば良いだけ。

ダブルボトムとか作ったら買いやすいと思います。

ちなみに、なぜここがサポートになるのか?

こういうことも隠してませんし、今まで散々やってきたことです。

紫下落で安値を下抜けてます。

なので、紫下落の戻り売りの番。

戻り売りが入らなければいけなかったところをパコーンと突き上げてます。

ただのレンジブレイクではありません。

紫下落の戻り売り失敗です。

最終的にパコーンと買いが入って売ってる人を損切りさせた起点をサポートとして使っています。

ゾーンの下限はわかりやすいので誰がやっても大体同じになりやすい。

でも、上限は個人差が出やすい。

個人的には一番下で引きましたが、青の高値で引く人もいれば、紫の高値で引く人もいると思います。

結局、紫が一番強かった感じです。

私の場合、一番下のラインを信じてたのでここではトレードしなかったというだけです。

必ず、自分の信じたラインからの反発で買うこと。

「微妙だな~」というときは絶対に手を出さない。

一度でも手を出して、それで勝ったりするとすぐに調子に乗ります。

そして、また同じようなタイミングで手を出すようになる。

当然、勝率は落ちる。

この間まで調子良かったのに、なぜ、急に勝率が落ちた?

もしかしてスランプ?

自分のエントリー根拠が甘くなったことにはなかなか気づきません

この、自分のエントリー根拠が甘くなったことに気づいてない状況、非常にやっかいなので注意しましょう。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。