ポンドドル取れた? 2018年9月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月18日 チャート分析です。

 

 

ポンドドル取れた?

日足。

赤上昇、紫上昇と方向が揃っているので紫上昇に対して押し目買い。

4時間足。

浅い位置から上げきれず落ちてます。

水色ゾーンでサポートされて上がるようなら、上がっていく流れでどこかで押し目買いを狙いたいところ。

これは4時間足です。

4時間足でチャート形成するということは、結構時間を使うことになるので注意しましょう。

1時間足。

このサイズだと黄色下落に対して戻り売り。

紫上昇と黄色下落で方向がバラバラ。

下から陽線、陽線と上げていますが、しっかり黄色下落の戻り売りが入ってくるのを待つことが大事。

このまま上げ続けて、高値更新するかもしれません。

そうなった場合は、見送りが無難。

終わってみれば、「買えば良かった・・・」と思いますが、

トレードは1回のトレードにこだわらず長期スパンのトータルで考えることが大事。

「置いてかれる~」で買ったら今回は勝てるかもしれません。

でも、トータルで考えると、高値掴みすることのほうが多くなると思います。

上がりきったところで買うので、損切りは広いし利益も大したことない。

当然、そういう、うま味のないトレードを続けたところで利益を増やし続けることが出来ません。

いつかドカンと負けるのがオチです。

 

ポンドドル1時間足。

紫のような戻り売りが入ってきても良かったところですが、戻り売りがほとんど入らず上がりました。

こういうのが見送ったほうが良いパターン。

緑○のようなところでエントリーして、高値で利食い。

こういうトレードでも良いと思います。

ただ、このトレードは、1分、5分、15分とかの短期トレードです。

短期で、「取れるところまで取ろう」と思ってたら運よく高値まで行ってしまったパターン

1時間足でトレードするなら、紫の動きを待ったほうが良いし、出なかったから今回は見送りが無難です。

5分足。

短期だと水色のところで落ちようとしてます。

結局、落ちずに上がったのでどこかで買えます。

買った後は利食いせずにホールドしてれば簡単に高値まで取れるパターン。

水色の部分は、あくまでも短期の売り

赤下落のサイズで見ると○のところです。

ほんのちょっとヒゲが出ただけ。

これで、「赤下落の戻り売りが入った!」「V字したから売り失敗だ!」と考えるのは自分の都合でチャートを見すぎ。

自分はどの時間足のどの波でトレードしているのか?

自分の見ている波と人が見ている波は違ったりするので、自分が何も出来なかったところでも人はトレードしてたりします。

自分が見てる波で、自分の基準で淡々とトレードしましょう。

他人に影響される方は、あまりツイッターとかやらないほうが良いかもしれませんね。

皆様のご協力のおかげでブログを始めて5年ぐらい経ちますが、初の2位を獲得することが出来ました!

ありがとうございます。

ただ、このランキングを維持するのが難しく、維持するためには引き続き皆様のご協力が必要になってきます。

面倒かもしれませんが、1日1クリックしていただくとありがたいです。

ランキングの投票は↓リンクを1日1回クリックしていただくだけです。

⇒FXブログランキング

今回の記事が参考になりましたら投票していただくとうれしいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。