止まるのを確認 2018年8月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

止まるのを確認 2018年8月31日 チャート分析です。

 

 

2018年8月31日 相場分析

日足。

紫上昇に対して押し目買い。

昨日は強めの陰線で終わりました。

このサイズで明確な安値切り上げがありません。

なので、このサイズで安値を目指す動きが出やすい状況。

さらに深く押してくる可能性があります。

こんな感じで上がるようなら押し目買いを狙う予定。

もちろん、安値まで落ちる可能性もあります。

ダブルボトムになるようなら引き続きロングが狙えます。

逆に、赤○のようなところでは戻り売りが狙えます。

水色のようなレンジはどちらも考えられるところなので、なるべく手を出さないほうが良いかと。

こういう買いと売りがぶつかるようなレンジは手を出さず、決着がついてから勝ったほうについていきます。

4時間足。

日足で見ると、下の点線ぐらいまで落ちても良さそうですが、111円もサポートライン。

なので、今の位置から上がる可能性も考えられます。

結局、どこから上がるのか?というと、それはわかりません。

だから、しっかり下げ止まるのを待たなければいけません。

ツイッターなどを見てて、結果を出せてない人の特徴が、止まるのを待ってない。

「ここが天井」「ここが底」

インジケーターとか見てるのかもしれませんが、ロウソク足が止まってないんだから止まるわけがありません。

昨日は黄色上昇の押し目買いを狙う番でした。

結局A字。

でも、全然止まってないので買う必要もないので負けることもありません。

上からずっと高値を切り下げてます。

この波が続く限り、絶対上がりませんからね。

こういうのが出ても、上がるかどうかは終わってみないとわかりません。

でも、こういうのが出ないと上がる可能性は0です。

 

トルコリラ日足。

昨日からさらに落ちてます。

上がると信じてホールドしてる人に対して、「まだまだ落ちるから(笑)」

実際は、落ちるかどうかわかりません。

本当にここが底になるかもしれませんしね。

ただ、ひとつだけ断言できるのは、この下落の波が継続する限り上がる可能性は0だということ。

買ってるなら、はよ逃げなはれ。

止まるのを確認、止まるのを確認です。

何度確認するか?というのは、トレードする波のサイズで変わってきますが、最低でも1回は確認したほうが良いかと。

一回でも確認してればトルコリラのような負け方をする必要はありません。

レジサポでバチン、バチン、エントリーするのは損切り幅を狭くするためです。

損切り幅広くて、止まるのを確認せずにバチン、バチンやる理由が見当たりません。

逆に、損切り幅が広すぎて、余裕ぶっこきで適当にやってるのかもしれませんね。

「止まるのを確認?」

「そんなまどろっこしいことやってられんわ!」という方もいると思います。

それはそれで良いかと。

自分のお金ですし、好きなように使いましょう。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。