押し目買いの基本パターン 2018年8月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

押し目買いの基本パターン 2018年8月28日 チャート分析です。

 

 

2018年8月28日 相場分析

日足。

赤上昇と紫上昇で上に方向が揃っています。

ですが、日足レベルで安値切り上げが無い状態。

なので、このサイズでもう一回安値を試して、安値切り上げポイントを作って上げていく可能性があります。

もちろん、安値を切り上げるとは限りません。

そのまま安値更新の流れも考えられます。

安値を試したけど結局伸びず。

110円でダブルボトムを作る形になって上がっていくようなら○のところとかで買いやすい。

押し目を狙うときの基本パターンなので覚えておくと良いと思います。

ちょうど短期でこのパターンが出てます。

15分足。

111円から反発、安値も切り上げているということで、○のところで買った方もいたと思います。

待つべきなのは、赤のような安値を試す動き。

安値を試したけど落ちなかったから上がっていきます。

○のところが買いやすい。

波のサイズ感は非常に重要なポイントになるので、チャートを見るときは意識したほうが良いと思います。

紫上昇の押し目買いです。

最初の切り上げは○のところ。

「安値を切り上げたから買っていく」というにはあきらかにバランスが悪い。

紫上昇のサイズだったらやっぱりこのサイズで安値切り上げとかダブルボトムができてほしい。

青のダブルボトムはあきらかにバランスが悪い。

 

15分足。

完全に上がりそうな形をしてますが、まだ青の下落の波は崩れていません。

なので、買い側はとりあえず赤○の高値を上抜けたいところ。

つまり、点線がとりあえずの目標です。

目標達成したら利食いが入りやすいので注意が必要。

勢い良く上げてます。

下から買ってない人は、どこかで買いたいと思ってるはず。

もしかしたら、赤○の高値が見えていて、「この高値を上抜けたら買おう」と考えている方もいるかもしれません。

利食いが集中しやすい高値で買うと高値掴みしやすい。

焦らず、下のネックラインから押し目買いを狙ったほうが勝ちやすいと思います。

4時間足とかで黄色のような動きを狙っているなら、○で買うのもアリだとは思いますが・・・

このサイズだと安値切り上げがありません。

「いやいや、今の位置が安値切り上げポイントになるから・・・」

これって、赤上昇の押し目買いですからね。

日足で見るとこんな感じ。

これを、「安値を切り上げた!」と見るかどうかは人それぞれ。

個人的にはやっぱりこういうのを安値切り上げと判断します。

こういう形になれば、このサイズでも積極的に買いやすいと思います。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。