上抜け狙い 2018年8月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上抜け狙い 2018年8月24日 チャート分析です。

 

 

2018年8月24日 相場分析

日足。

紫下落の戻り売りの番ですが、110円からの反発でV字してます。

紫下落の高値を上抜くと一旦利食いが入りやすいので短期トレードは要注意。

4時間足。

一気に上げて、そのあと買いが続かずにダラダラダラ~っと落ちるという展開が続いています。

また今回も同じような動きになるかも。

基本はレンジなので、あまり信用しないほうが良いかもしれません。

今は押し目も作らず、かなり高い位置まで上げています。

スキャルをやらないなら手を出さないほうが無難。

まだ、紫の高値ラインは上抜けてませんが、基本は上抜けで良いと思います。

高値を上抜けたとしても、111円ぐらいからの押し目買いのパターンは変わりません。

強めに上抜けるようなら、紫の高値ラインがレジサポ転換する可能性があります。

紫水平線上でしっかりサポートされるようなら押し目買いが狙えます。

逆に、買いが続かないパターンもあります。

こうなると、紫下落とか青下落の戻り売りで安値を目指す可能性もありますが、買いが強いのですぐには落ちづらい状況。

下に落ちてきた場合は、基本的に様子見が良いと思います。

波のサイズを変えてダブルボトムとかになるようなら、上がっていく流れでどこかで買いたい。

高値を目指したけど、「上じゃない」という動きになれば、そこからは売りを考えたい。

昨日の上げ方を見る限り、下に落ちたとしても、もう一度高値を試す動きが出る可能性は非常に高い。

なので、下に落ちたとしても、高値試しがある前提でチャートを見たほうが良いかと。

 

1時間足。

紫下落の最終レジまで上げてきています。

この上げ方なので上抜けで良いと思いますが、いつでもズボっと落ちる可能性があるところ。

せめて、111円ぐらいまで落ちてきてくれれば買いやすいですが、緑ゾーンから上がるかもしれません。

上がったとしてもスキャルをやらないなら手を出さないほうが良いと思います。

5分足。

昨日ツイッターでも書きましたが、サポートまで落ちてきたらバチン、バチンと買うのではなく、しっかりサポートされて土台ができるのを待つことが大事。

土台が出来たら、もう一度、土台でしっかりサポートされるかを確認して買うと勝ちやすい。

サポートで止まるのを確認⇒サポートで止まるのを確認⇒サポートで止まるのを確認でエントリーです。

どこかでチャレンジは必要ですし、どこまで確認するか?というさじ加減は自分で決めなければいけません。

おそらく、この確認作業をやらずに買う人がほとんど。

もちろん、それで勝ってる人もいますが、損切り幅が広いことが多いです。

損切り幅が広い場合、勝率が高くないと話になりません。

赤○でエントリーした場合、損切りは青の安値ラインになります。

損切り幅を狭くしたいなら、サポートでしっかり止まるのを確認してから買いましょう。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。