方向感なし 2018年8月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

方向感なし 2018年8月17日 チャート分析です。

 

 

2018年8月17日 相場分析

日足。

見ている波によって方向がバラバラ。

方向感がなく非常に難しい相場です。

4時間足。

このサイズで見ると、青上昇が出てきて更にややこしい。

昨日の記事でも書いたように、赤上昇と青上昇は、方向が揃っているようで揃ってません。

ここら辺は勘違いしている方が多いと思います。

「日足が上だったら、短期で買いのサインが出たときだけ買えば良い」というわけではない。

波のサイズ感とかバランスとかを考えることが大事。

中期的に見ても、紫下落の戻り売りを狙う人もいるし、青上昇の押し目買いを狙う人もいます。

どちらが正解というものでもありません。

「長期は赤上昇なのだから、青上昇の押し目買いを狙うのが正しい」

この発想が勘違いのパターン。

方向が揃ったというのは、やっぱりこれくらいわかりやすい形になってほしい。

こういうのでも良いと思います。

しっかり波のバランスを意識することが大事。

出来上がったチャートならきれいに波を見る事ができても、リアルタイムだと難しい。

直近になればなるほど、波を小さく見てしまいがちなので注意しましょう。

例えば、青上昇に対して、このダブルボトムや安値切り上げはバランスが悪い。

このダブルボトムで上がっていくこともありえることですが、あきらかにバランスは悪いですよね。

なので、もう一発安値を試す動きが出る可能性は考えておいたほうが良いと思います。

このダブルボトムならバランスは良いのではないでしょうか。

 

1時間足。

どう見ても難しい相場。

手を出さないほうが良いと思います。

じゃあ、どういう動きが出たらトレードできるのか?

こういうラインを見ている人が多いので、ラインをブレイクしてからの方がトレードしやすい思います。

移動平均線とかも使うとイメージしやすいかと。

15分足。

黄色上昇の中に水色上昇で、上に方向が揃っている状態。

ただ、ネックラインとか111円にタッチしてるので、あきらかに陰線が強い。

4時間足の分析からわかっていることは、もう一度安値を目指す可能性があるということ。

なので、「方向が揃っているから」といって、安易に押し目買いを狙えるところではありません。

短期も同じように、もう一段上げてからのほうが買いやすいと思います。

ただ、上にはネックラインとか111円があるので、伸びるかどうかわかりませんが。

赤○ではバチンと買うのではなく、しっかりダブルボトム、安値切り上げなど、止まるのを確認して買ったほうが負けは減らせると思います。

負けるときはこんな感じで負けます。

エントリー位置としてはこういうところで良いのですが、どのタイミングで買うか?というのは、実際のチャートを見て練習するしかありません。

こういうタイミングでチャートを見れたら、どういう動きをするのか?というのを見ておくと後々役に立つと思います。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.