ダブルボトムとダブルトップ 2018年7月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダブルボトムとダブルトップ 2018年7月27日 チャート分析です。

 

2018年7月27日 相場分析

日足。

赤上昇に対して押し目買い。

状況は昨日と変わらず、水色ゾーンから上がるのか?ということをやってます。

昨日の昼間はずっと落ちてましたが、夕方から反発して最終的には陽線。

4時間足。

この反発を見て、「下げ止まった!」「ここが底だ!」で、紫の上昇を期待して買っている方もいると思います。

これ、全然下げ止ってませんので。

まだまだ落ちる可能性あります。

私も押し目買いを狙うときは、下げ止まったのを確認してから買います。

今、買えるか?というと、絶対買いません。

なぜ買わないか?というと、下げ止まったサインが出てないからです。

下げ止まりのサインとは?

下げ止まりのサイン以前に、下をもう一回試さなければいけません。

「下を試したけど続かなかった」というところが下げ止まりのサインになります。

必ずもう一回、下を試す動きを待つのが重要。

別の言い方をするなら、ダブルボトムになるのを待つのが重要。

もしかしたら、こっちでダブルボトムだと思って買ってる方もいるかもしれません。

別にこっちで見ても良いと思いますが、ネックラインは抜けてませんよね。

よっぽどサポートに自信がない限り、現時点でダブルボトムになると判断するのは早いと思います。

上に抜けてからでも遅くはありません。

やることは同じ。

しっかりダブルボトムなったのを確認してから、ネックラインを上抜けるようなところで買っていけば良いだけ。

1時間足。

ロングということは押し目買いをやるといことです。

しっかり高値を上抜いてから狙ったほうがやりやすいと思います。

111円から反発してます。

111円からの反発を狙って、紫のような動きを狙うのも良いと思います。

でも、それはスキャルピングの話。

1時間足サイズでは下落トレンドが継続中なので、青下落に対して戻り売りです。

結局、上も下も同じ。

昨日の夜からずっと陽線で上げてきました。

この上げ方なので、もう一度高値を試す動きが出ますし、売りたいなら必ずその動きを待つことが大事。

上を試したけど駄目だったところが売るチャンスになります。

別の言い方をすれば、ダブルトップですよね。

個人的に待ってるのがこの動き。

赤○のところから戻り売りを狙う予定です。

戻り売りが入ったけど、安値更新出来ずに上がってきた場合、今度は赤○で押し目買いを狙います。

ここは、黄色の高値を上抜けてなくても押し目買いを狙います。

こっちでダブルボトムと判断する方も結構いると思いますが、これって安値更新してますからね。

抜け方は弱いけど安値更新したということは必ず継続を狙って戻り売りが入ってきますし、売ってる人も撤退しません。

安値ピッタリとか、安値切り上げとかで上がってくるのとはわけが違います。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。

⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。