買いは様子見 2018年7月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買いは様子見 2018年7月26日 チャート分析です。

 

 

2018年7月26日 相場分析

ドル円日足。

赤上昇に対して押し目買い。

水色ゾーンから上がろうとして下ヒゲになってましたが、押し戻されて陰線が続いている状況。

ロングをやるなら、しっかり反発したあとの押し目買いがやりやすいと思います。

4時間足。

ショートをやるなら、黄色の安値を下抜けるショートがやりやすい。

既に黄色の安値は割れているので、ここからショートで追撃はリスクが高くなります。

しっかり上を試して、上がらないようなら高値を切り下げたあたりからショートが狙えます。

安値で利食いするのが無難かと。

今は落ちてきてる状況。

買うなら、しっかり上に抜けた後の押し目買い。

もしくは、しっかり売られたけど安値切り上げた後。

こういうとこがやりやすいと思います。

ユーロドル1時間足。

昨日はユーロドルをやってました。

矢印で買いましたが、あまりにも上がらないので建値で撤退。

結局、予想通り赤上昇の押し目買いで上がりましたが、まぁ~無理ですな。

最近は、ドル円以外の通貨ペアも見てるので、どうしても15分足以上のトレードになってます。

ドル円でスキャルやってるときは、落ちてきたところをバチンと買ったりしてましたが、15分足以上となるとブレイクでエントリーしてます。

なぜか?というと、時間足が長ければ注目度も高く一気に走っていくことが多いからです。

悠長に落ちてくるのを待ってたら置いてかれることが多いので、ブレイクでエントリーしてます。

ブレイクで乗ったあとチャート見てる間に戻ってくるようならナンピンしても良いと思いますが、それももうやらなくて良いかなと思ってます。

時間も長いですし、エントリー後チャートを見ないことも多いので。

15分足。

青○は上に抜けたら走る可能性があるところ。

結局、青○では走らず、赤○で走りました。

買いでブレイクを狙うときに意識すべきは、「売りがあきらめるか?」ということ。

なんでこんなにあきらめが悪いのか知りませんが。

ポンド円1時間足。

緑ゾーンから反発して高値更新です。

昨日ツイッターに投稿しましたが完璧な予想。

どやっ!スゲーだろ?

自分の予想が凄いことをアピールしまくるやつを見てると、見てるこっちが恥ずかしくなる。

こんなもん誰だって出来るからね。

ずっと安値更新してきたところで流れを変えて高値更新したんだから次は押し目買いを考えるのは普通です。

高値を更新したら押し目買い。

安値を更新したら戻り売り。

いろんな情報に振り回されて、当たり前のことを忘れてしまった方には逆にスゴイと思われるのかもしれませんね。

15分足。

ハッキリ言って乗りづらい。

青のようにもうちょっと揉んでくれたらエントリーもしやすかったと思います。

安値切り上げ、高値更新したので引き続き押し目買いが狙えます。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。

⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。