買うのは早い? 2018年7月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買うのは早い? 2018年7月24日 チャート分析です。

 

 

2018年7月24日 相場分析

ドル円日足。

水色ゾーンから反発して昨日は下ヒゲ。

ちょうど日足MAの位置で止まっています。

ここら辺から落ちるのか?それとも、もう一段上げるのか?というところ。

もう一段上げたなら上のネックラインぐらいからもう一度戻り売りが入ってくるので要注意。

4時間足。

水色ゾーンから反発しています。

上昇トレンド中なので「ここから上がる!」と思って買ってくる人もいます。

逆に、黄色下落が強いので、黄色下落に対して戻り売りで売ってくる人もいます。

今の位置は方向感がなく非常に難しいところ。

なかなか結果が出せてない方の特徴が、とにかく判断が早い。

この反発を見て買ってる方もいると思います。

全然買っても良いと思いますが、どういうイメージを持って買ってるのか?というのが重要。

要は、このイメージで買うのが早い。

このイメージなら買っても良いのではないでしょうか。

相場は基本的にターン制。

今は売りのターンから買いのターンに切り替わっています。

高値更新する前に最低もう一回売りのターンが来ると考えてたほうが良いと思います。

その売りのターンで安値更新というのは普通にありえること。

売りのターンになって売りが入ってきたけど安値まで届かずに買いのターンに切り替わった。

そして、そのまま高値更新。

結局、この流れが安値切り上げの形を作ります。

こうやって時間をかけて安値切り上げを作ると、移動平均線もしっかり上を向いてくるので買われやすくなりますし、ここまで待てば高値更新を狙っても勝てる可能性は高くなると思います。

1時間足。

MAが支えになって上がろうとしてるので短期的には買うことができます。

長期的には戻り売りが入ってくる可能性が高いところなので、戻り売りが入ってくる前提でトレードすることが大事。

今買ったとしてもホールドできるタイミングではないので、短期でトレンド転換とか高値を切り下げるようならサッサと利食いして逃げたほうが無難かと思います。

豪ドル円4時間足。

戻り売りが狙えるタイミングだったので昨日はずっと見てましたが、安値更新しました。

引き続き戻り売りが狙えます。

緑が日足の20期間のMAですが、今は日足MAに頭を抑えられている状況。

このまま日足MAに頭を抑えられて横に動くようならレンジブレイクで戻り売りが狙えます。

上に抜けたとしても、水色ゾーンで止まるようなら戻り売りが狙えます。

水色ゾーンを上に抜けるようなら買われやすくなるので、一旦売りは様子見したほうが良いと思います。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。

⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。