ネックラインから戻り売り 7月19日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネックラインから戻り売り 2018年7月19日 ドル円チャート分析です。

 

2018年7月19日 ドル円相場分析

日足。

赤上昇に対して押し目買いですがなかなか落ちてきません。

今は113円付近で止まっています。

4時間足。

上昇トレンド中なので素直に押し目買い。

このサイズで見ると緑ゾーンぐらいまで落ちてきそう。

1時間足。

上のブロックを下抜けてきて、ネックライン上で「下に落ちるのか?」「上に上がるのか?」ということをやってます。

15分足。

安値を下抜けた後ネックラインから赤下落で安値を目指しました。

その後は、矢印から赤下落の戻り売りが入ってます。

この戻り売りが安値に届かずV字。

赤下落の高値も上抜いています。

ということで、ここは売り失敗。

高値を更新したので、赤の波で安値切り上げ確定。

ということで、矢印から押し目買いが入って高値を目指しているところです。

安値を切り上げているのでロングを狙っても良いし、ショートを狙っているなら押し目買いが続かないと思うところから狙うと良いと思います。

狙いはどっちでも良いと思いますが、大事なのは事前にトレードのシナリオを考えておくということ。

「ここまで落ちてきたら買う」とか、「買いが失敗したあとに戻り売りを狙う」とか。

必ず事前に考えておいて、その通りにトレードすることが大事。

瞬時の判断でトレードすると、なかなか勝てません。

例えば、チャートを開いて「これ買えるんじゃね?」で適当にロングとか。

そういうトレードは大体負けるのでやめたほうが良いかと。

記事を書いている間に安値更新しました。

結局、ネックラインから戻り売りが入った形です。

次は、黄色とか青がネックラインになるのでここら辺の動きは注目したいところ。

4時間足。

すぐ下には4時間足の20期間のMAがあります。

MAから反発するようなら押し目買いを狙いたい。

1時間足。

下にはネックラインもありますが、下からバチンと買うのではなく、しっかり反発したところでの押し目買いがトレードしやすいと思います。

先ほどの安値更新で1時間足で高値切り下げが確定したので短期的に売られやすくなります。

15分足。

戻り売りが入りそうなら赤の流れの中でショートを狙う予定です。

下は狙っても水平線ぐらいまで。

安値まで狙うのははリスクが高くなります。

まだまだ上昇トレンド継続中なので、ネックライン付近から中期の押し目買いが入ってくることを前提にシナリオを考えたほうが良いと思います。

ランキング投票にご協力よろしくお願いします。

⇒FXブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。