波のバランス 6月26日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

波のバランス 2018年6月26日 ドル円チャート分析です。

 

2018年6月26日 ドル円相場分析

日足。

赤下落に対して戻り売りで、紫の安値を下抜けるか?というところ。

4時間足。

高値を切り下げているので黄色下落に対して戻り売り。

1時間足。

陽線1本で上げていますが、110円から反発しています。

あきらかに上昇の勢いが強いので、この陽線に対して押し目買いが入ってきます。

ショートはしばらく様子見です。

高値を切り下げたりトレンド転換するようなら、黄色下落の戻り売りの流れで再び安値更新を目指してショートが狙えます。

高値切り下げやトレンド転換を狙っているのに「毎回失敗する・・・」という方も多いと思います。

何が悪いのか?というと色々あると思いますが、波のバランスが結構重要なポイント。

波のバランスとは?

黄色下落は4時間足ぐらいの波になります。

紫ぐらいのサイズで高値を切り下げてもあまり意味がない。

この高値切り下げを見てどれくらいの人が「ここから落ちる」と判断するか?

これは極端な例になりますが、波のバランスとはこういうこと。

ポンドドル1時間足。

紫下落に対して戻り売りの場面。

赤下落で安値を下抜けてます。

青の動きを狙って矢印とかで戻り売りを狙うのがバランスが良くない。

なぜバランスが良くないか?というのは、日足を見るとわかります。

陽線が続いていて落ちる気配がありません。

紫下落のサイズなら、黄色ぐらいの波ならバランスが良いと言えるのではないでしょうか。

黄色ぐらいの波のサイズでトレンド転換、高値切り下げが確認できるなら、「ここから落ちる」と判断する人も多くなります。

「ここから落ちる」と判断する人が多ければ落ちやすくなります。

「微妙だな~」と思う人が多ければやっぱり落ちにくい。

あくまでもこれは波のバランスの例。

日足でこんな形になるのを待ってたらいつまで経ってもトレードできませんので。

波のバランスは結構重要なポイントになるので意識すると勝率も上がるかもしれません。

ドル円1時間足。

この陽線のおかげで、かなりショートがやりづらい状況です。

4時間足ぐらいで認識できる波ができるようならショートのシナリオも考えやすくなると思います。

それまではショートは様子見が良いかと。

15分足。

短期的にはロングがやりやすい状況。

ただ、レジスタンスにタッチして落ちてきているので、この陽線の高値更新を狙うのはリスクが高くなります。

なので、ここは高値更新を狙える上昇が出るのを待つのが良いと思います。

赤のような上昇が出たら高値更新が狙えます。

陽線の高値まで狙うなら、とりあえず赤上昇の高値で半分利食って、残り半分で陽線の高値までチャレンジするのがおすすめです。

買いが失敗するようなら矢印のようなところでショートも狙えます。

ショートが狙えますがあくまでも陽線の中でのショートになるので、短期的な逆張り。

下のネックぐらいからもう一発高値を目指すような動きが出やすいので要注意。

こういうところからパコーンとやられたら後悔しかしません。

わかりやすいサポートが見えてるわけですから。

このショートは、中期的には方向に合った順張りですが、短期的には方向とは逆の逆張りになります。

どこで買って、どこで売ったとしても、波のサイズによって順張り、逆張りになります。

波のサイズによって、「順張りなのか?逆張りなのか?」どのようにも解釈ができるので、自分の都合の良いように解釈しがち。

自分はどの波で、どの方向にエントリーしてるのか?

ここら辺はしっかり把握して、わからなければ手を出さないほうが良いと思います。

⇒FXブログランキング

参考になりましたらランキング投票よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。