斜めラインのエントリーパターン 6月20日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斜めラインのエントリーパターン 2018年6月20日 ドル円チャート分析です。

 

2018年6月20日 ドル円相場分析

日足。

赤下落に対して戻り売り、紫上昇に対して押し目買い、どちらも考えられる場面です。

4時間足。

このサイズだと黄色下落に対して戻り売り。

まだ、紫上昇の押し目買いで考えている人もいるので現時点ではどっちとも言えない状況。

1時間足。

水色の安値を下抜けているので、とりあえずは黄色の動きで戻り売りが入りやすい状況。

これがグイグイ落ちて、紫上昇の安値を割るか?というのは現時点ではわかりません。

レンジになる可能性を考えて、黄色の動きの中でトレードブランを考えるのが無難。

日足で見ると、まだ紫上昇の押し目買いで上がる可能性があるので、安値を下抜けるシナリオはリスクが高くなります。

安値までチャレンジするなら分割で利食いするのが良いと思います。

とりあえずは緑ゾーンの下で戻り売りを考えて良いと思います。

緑ゾーンを上抜けるようなら戻り売りは怪しくなるので様子見が無難。

15分足。

110円から戻り売りが入っています。

安値を下抜けましたがV字で高値更新。

その後も買いが続いている状況。

黄色のサイズで戻り売りを狙っているなら50%とかゾーンとかでバチンと戻り売りを狙って良いと思います。

もちろんV字もありえるので、高値を上抜けたら素直に負けを認めて損切りしましょう。

黄色下落の戻り売りを狙うのだから、「黄色下落の戻り売り」の根拠が崩れた時点で損切りです。

もしかしたらこんな感じで落ちるかもしれません。

「損切りしてなかったら勝てた・・・」というのは都合の良い解釈。

こういうパターンがあるから損切りしないのだと思いますが、これは赤下落に対して戻り売りです。

「下がるか?」「上がるか?」を予想するものではありません。

「黄色下落の戻り売り」で狙うのであれば、黄色下落の中で戻り売りが入らないと意味がない。

黄色下落のサイズで戻り売りを狙うなら、50%とかゾーンとかでバチンと売って放置で良いと思います。

短期だといろいろ考えることも増えてきます。

短期で注意すべきが水色ゾーン。

110円を意識している方は多いと思いますが、意識されるのはファーストタッチ。

こういう形になると上に抜けたり下に抜けたりと、あまり意識されなくなります。

今後意識されるのが110円からの戻り売りを跳ね返した水色ゾーン。

水色ゾーンにはたくさん買いが仕込まれているので注意すべきサポートになります。

考えられるトレードプランは、上で売って水色ゾーン手前で利食いするパターン。

水色ゾーンから買いが入ってきて、買いが続かずに失速していくところを狙うパターン。

もう一つが、水色ゾーンを下抜けた後の戻り売り。

水色ゾーンを下抜けたあとの戻り売りが一番簡単なパターン。

ただ、これは水色ゾーンを下抜けたあと戻ってこない可能性も高いので、そのときは見送る判断が必要です。

ツイッターを見てて思ったのが、「斜めラインを使う人が多い」ということ。

水色ゾーンが見えてれば斜めラインの使い方も変わってくると思います。

こういうところのブレイクでエントリーするとダマシになりやすいということは水色ゾーンが見えてれば簡単に判断できます。

こっちなら、水色ゾーンから買いが入ってきて、「買いが続かない」となったタイミングなので落ちやすい。

「こういう乗り方なら勝ちやすい」というわけでもない。

この乗り方で勝てるかもしれません。

でも、このタイミングでは水色ゾーンがどれくらい強いかわかりません。

買いが強い?売りが強い?

どっちかわからない状態でエントリーすることになるので、優位性があるとは言い切れない。

このパターンなら水色が負けた後なので優位性があるトレードと言えるのではないでしょうか。

黄色ゾーンで戻り売りで良いと思います。

トレンドラインをそのままレジサポ転換して使う方が多いようですが、個人的には赤○のブレイクポイントを使います。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。