理想の利確のタイミングとは?チキン利食いを克服する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレードで最も難しいのが利益確定のタイミング。利確定のタイミングは上級者でも永遠に悩まされるところになります。

今回は理想の利益確定のタイミングとチキン利食いを克服する方法についてです。

 

理想の利確のタイミングとは?チキン利食いを克服する方法

理想の利益確定のタイミングというのは、いくら探しても見つからないと思います。チャートが出来上がってから、「ここで利食えば良かった・・・」と思うぐらい。

実際に動くチャートで、ここが理想の利益確定のタイミングと思っていても、それ以上伸びることはザラにありますし、目標まで到達しないこともあります。

理想を求めだすとキリがないのが利確のタイミングです。

メンタルがブレる

トレードの中で最もメンタルがブレるのが利食いのタイミング。

「もうちょっと伸びるかもしれない・・・」「ここで利確しなければ戻ってきて損するかもしれない・・・」

いろんなことを考えるので、非常にメンタルに負担がかかります。

感情に任せて利食いしてると上手くいかないので、利食いは完全ルール化するのがおすすめです。

チキン利食いを克服する方法

チキン利食いを克服するには、何度か紹介している50%でエントリーして、高値や安値で利食いする方法です。

このトレードをやってると、チキン利食いは克服できるようになると思います。

そもそも、メンタルがブレる原因は?

メンタルがブレる原因は、いろんなことを考えるからです。

なので、極力エントリー後は何も考えないのがメンタルに負担をかけません。

考えるのはエントリーするまで。

1分足、スキャルです。

矢印のところでエントリーしてます。

ポジション保有中はずっとマウス握りっぱなし。

ポジション保有中は何を考えているか?というと、「青水平線、赤水平線、どちらかを抜けたらクリックしよう」

考えていることはそれだけです。

もちろん、赤○のところでは、「マジかよ!」とは思いますが、そこで「撤退」という選択肢はありません。

最終的に高値、安値、どちらかに抜けるまで決済ボタンはクリックしません。

そもそもが、高値に到達する前に安値に到達すると思っているから矢印でショートしてます。

高値と安値、どちらにも到達してない真ん中の動きはどうでも良いこと。

最終的にどちらに到達するか?ですので。

チキン利食いで悩んでいる方は、赤○では絶対に撤退しないようにしましょう。

もし、ここで撤退するようなら、おそらくチキン利食いは克服できません。

一度でもこういうところで撤退するようになると癖になります。

また、ここで撤退することで考えることも増えます

「何とか微益撤退で逃げたい・・・」「何とか損失が小さいうちに逃げたい・・・」

考えることが増えれば、メンタルに負担がかかるのでしんどくなります。

「微益で逃げたい・・・」「損失小さくしたい・・・」

高値と安値に挟まれた真ん中でいろんなことを考えるようになって、建値で撤退とか。

メンタルに負担がかかっただけのしょうもないトレードで終わります。

赤○のところの動きを見て撤退していると、勝ちきれないという状況に陥りやすい。

損切りは逃げ切れないことも多いので、結局、損切りは大きく、利確は小さくなりがち。

せっかく、1:1のところでエントリーする意味がなくなります。

なので、紹介している手法をやるなら、高値で損切り、安値で利確、これは絶対守りましょう。

50%のところでエントリーして、高値で損切り、安値で利確。

まずは、これを怖がらずに出来るように練習すると良いと思います。

後はそこから発展させていけば良いだけです。

安値に到達するまでは、「高値か安値で決済する」

これだけ考えておけば良いのですが、安値更新した瞬間から考えることが増えるので注意しましょう。

どこまで落ちる?とか、波のサイズが変わる可能性とか、いろいろ考えることが増えます。

実際、安値更新後は怪しい動きをしてます。

青の高値を上抜いて転換してます。

結果はA字で下に落ちましたが、普通は紫の動きで押し目買いが入ってくる番です。

なので、ポジション保有してるなら×で撤退です。

安値を更新した瞬間からいろんなことを考えるようになります。

いろんなことを考えるとメンタルがブレて、結局それが「微益で逃げたい・・・」「損失小さくしたい・・・」

こういう考えになって、チキン利食いするという悪循環に陥ります。

理想の利確のタイミングとは?チキン利食いを克服する方法のまとめ

理想の利確のタイミングというのはありません。なので、ルールを決めてルール通りに利食いするのが一番だと思います。

チキン利食いで悩んでいる方は、エントリー後になるべく考えないような手法を選ぶと良いと思います。

もちろん、エントリー前はしっかり考えてエントリーポイントを探す必要がありますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。