上がらないから落ちる 5月31日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上がらないから落ちる 2018年5月31日 ドル円チャート分析です。

 

2018年5月31日 ドル円相場分析

日足。

赤下落に対して戻り売り。

このまま落ちるかもしれないし、一旦大きく戻して落ちるかもしれません。

昨日、おとといはヒゲで戻されていますが、これといったサポートにタッチしてないので、今の位置から落ちる可能性も十分考えられます。

4時間足。

昨日はずっと陽線でしたが、109円から反発して今は陰線。

このまま安値を目指すか?というところ。

1時間足。

赤下落、黄色下落、紫下落、下に方向が揃ってます。

赤下落を見てる人も、黄色下落を見てる人も、紫下落を見てる人も、みんなどこかで売りたいと思ってます。

じゃあ、逆に、買ってる人や今から買おうとしてる人は何を思って「買おう」と考えているのか?

一つ目が青上昇を見てる人。

安値下抜けてるけど、そんなの「知らん、知らん」

もう一つが、紫上昇を見てる人。

高値上抜けてないけど、そんなの「知らん、知らん」

私の場合、「高値や安値を抜ける」というのが重要なポイントになりますが、手法によってはそういうのを気にしない手法もあると思います。

なので、こういうところで買ってくる人たちも必ずいます。

どこかで「売りたい」と思っているなら、買っている人の行動を考えることがポイント。

上の目標は水平線を引いた高値です。

「水平線を上抜ける」と思って矢印とかで買った人たちは今何を考えているか?

矢印で買ったとして、いまだにポジションを保有しているということは、まだ上抜けるチャンスがあると思っているからです。

じゃあ、どうなったら「上はない」と思うか?

こういう形になったら、上の可能性はかなり低くなります。

明確な高値切り下げは売りのサインです。

高値切り下げの形を見て新規の売りも入ってくるし、買ってる人は撤退します。

だから落ちやすい。

15分足。

昨日は水平線を上抜くと思って矢印ぐらいから買ってました。

水平線直前の動きを見て撤退してます。

目標まであと3pipsというところまで上がりましたが、結局抜けきれず。

そして、ダラダラダラ~っと落ちてきて今の位置。

「もうこれ上がらんやろ」ということで適当に売ってます。

ネックラインにはナンピンの注文入れてます。

損切りは青点線の高値ライン。

高値を上抜けてまでポジションを持ち続ける意味はありません。

ポジションを持つ意味がなくなったら、しっかり切ることが超重要。

ここでの損切りを躊躇すると、なかなか切れなくなります

この高値を上抜けても、落ちる可能性は十分考えられます。

日足で見ると、紫下落に対して戻り売りですから。

青点線で損切りするのはもったいないように思えます。

狙っているのは黄色下落に対して戻り売りです。

戻りの頂点が赤○の高値になると思うから売ってます。

この根拠が崩れたら損切りです。

トレードはシンプルです。

黄色下落の高値を更新するか?安値を更新するか?の2択。

必ず、高値か安値のどちらかに到達します。

今売ってるのは、単純に安値更新に張っただけ。

「上はないから下に行く」

そう思ったから売ってます。

利食いは安値を予定してます。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。