トレードはシンプル 5月28日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレードはシンプル 2018年5月28日 ドル円チャート分析です。

 

2018年5月28日 ドル円相場分析

4時間足。

緑ゾーンで止められています。

ここから押し目買いが入って、紫の上昇の波が継続するか?

それとも、下に落ちて、紫の波が終了するか?

結末はどっちになるかわかりません。

トレードを難しく考えている方は多いと思います。

インジケーターをたくさん表示させてものすごく複雑なことをやってたり。

トレードは至ってシンプル。

①高値を更新するか?
②安値を更新するか?

この2択です。

勝率50%、リスクリワード1:1って難しいことではありません。

赤○のところで買い続けてれば良いだけです。

赤○のところで買って、高値で利食い、安値で損切りとかやってれば、少なくとも大負けすることはありません。

勝率を上げるために考えるのは、紫上昇は押し目買いが成功するのか?ということ。

紫上昇が強いかどうかが、そのまま勝率に直結してきます。

紫上昇は押し目買いが成功する上昇か?というと、個人的には成功するかどうかわかりません。

押し目買いが成功するかどうかわからないので、今のところ買ってません。

1時間足。

青上昇で安値切り上げです。

赤の高値を上抜いて下降トレンドも終了してます。

つまり、青上昇は強い上昇なので、押し目買いが成功しやすい上昇になります。

50%まで落ちてきてるし、今買うのも良いのではないでしょうか。

利食いと損切りも明確。

安値で損切りして、高値で利食いです。

50%のところで買って、安値で損切り、高値で利食いしてれば、勝率50%、1:1というのは難しいことではありません。

全ての上昇で買うのではなく、強い上昇に絞ると勝率は上がると思います。

個人的にはまだ買いません。

15分足。

個人的には、より勝率を上げる、よりリスクリワードを上げるために、方向を揃えて更に強い上昇が出るのを待ちます。

ただ、ここまで待てば良いとも限りません。

こんな上がり方をすることもあります。

こういう上がり方をすれば、「素直に青上昇に対して押し目買いで狙っておけば良かった・・・」となります。

損切りは安値で切るのが簡単ですし、根拠もしっかりしてるので良いと思います。

何をやっているのか?というと、青上昇に対して押し目買いです。

そもそも、安値を下抜ける前に、高値更新すると思うから買います

この根拠が崩れるのが安値更新した瞬間。

だから安値更新で切ります。

慣れてくると途中撤退もやっても良いと思いますが、いろいろ考えることも多くなるので、安値で切るのが簡単でおすすめです。

損切りを外すのだけはやめたほうが良いかと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。