短期の目標 4月27日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期の目標 2018年4月27日 ドル円チャート分析です。

2018年4月27日 ドル円相場分析

日足。

ようやく陰線です。

またモニターの調子が悪くなったのでゲーム用のモニターを使ってます。

画像が大きくなるので見づらいかも。

トレーダーというと、モニターを何枚も使ってチャートを表示しているイメージがありますが、個人的にはたくさんあっても邪魔なので1枚しか使いません。

1枚のモニターでブログも書くしトレードもします。

複数の通貨ペアを監視することもないし、複数の時間足を見ることもほとんどありません。

ドル円の5分足とか15分足だけ表示させているのがほとんど。

1枚で十分事足ります。

4時間足。

紫上昇に対して押し目買い。

矢印から押し目買いが入って高値を目指しているところ。

1時間足。

この戻しは、週足、日足レベルの戻しなので、高値更新したあと、「短期的にどこまで伸びるか?」というのがわかりづらい。

長中期だと、「ネックラインや110円ぐらいまで上がるかな~」という予想はしやすい。

短期だと、どこから緑のような下落が来るか?というのが予想しづらい。

今まで4時間足や1時間足でレジを見れたので比較的止まるところが予想しやすかったですが、ここから上は15分足以下を見ていかないといけないので選択肢も増えて難しくなります。

ずっとダイバージェンスになってるし、かなり高い位置です。

こういうところでどういうトレードをやると良いか?というと、目標が明確なところでトレードするのがやりやすいと思います。

短期でこういうトレードはあまり良くない。

「どこまで上がるか?」というシナリオが自分の中であるのあれば良いと思いますが。

個人的にはどこまで短期で上がるか?というのが予想できないので基本的にこういうのはやりません。

やるならこういうトレード。

これなら目標は明確。高値が目標になります。

もしくはこういうトレード。

これも目標は明確です。

半分は高値で利食って、半分はインジケーターなどを使って伸ばしてみるのも良いと思います。

こういう乗り方はあまり良くない。

矢印で乗る時点では「目標はどこ?」ですよね。

下に買うことで目標が明確になります。

エントリーするときは必ず目標を決めてエントリーすることが大事。

目標がわからなければ明確な目標が出来るまでしっかり待ちましょう。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。