波のサイズの変化 4月23日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

波のサイズの変化 2018年4月23日 ドル円チャート分析です。

2018年4月23日 ドル円相場分析

日足。

紫の波で上げ続けていますが、青の波で上がるかもしれません。

これが波のサイズの変化。

「自分が買うとなぜかすぐに落ちる・・・」「落ちたから売ると今度は上がる・・・」

波のサイズの変化を考えていないと、高安値を掴まされやすい。

4時間足。

このサイズでも同じ。

黄色の波で素直に108円まで上がるかもしれないし、赤の波で上がるかもしれない。

1時間足。

黄色上昇に対して押し目買い。

4時間足サイズで押し目買いが入ると赤のような軌道で上がります。

黄色の波で上がるのか?赤の波で上がるのか?それは誰にもわかりません。

じゃあ、こういうところでどういうトレードをすれば良いか?

もし、それがわからないのであれば、トレードできるレベルではないと思います。

こういう場面っていくらでもありますので。

そのたびに、「どうすれば良いかわからない・・・」となっているのでは、ほぼ初心者レベル。

ハッキリ言ってお金の無駄です。

戦略を考えるうえで、重要なポイントとなるのが「負けても良い」ということ。

こういうところで「絶対負けないトレードをしよう」と考えるとトレードは非常に難しくなります。

FXは負けありきですので。

負けありきで考えればさほど難しいものではありません。

黄色の波の継続を狙って矢印で買っても良いと思います。

下に落ちてくるようなら損切りすれば良いだけ。

負けたらしばらく様子見して、また上がるようなら買えば良いだけ。

大体これで上がりますが、これでも負けることもあります。

下に落ちるようなら損切りするしかありません。

良くないのがこういうトレード。

ちょっと反応しただけで「ここから上がるかも・・・」でエントリーして、すぐに損切りになるパターン。

売りが続いている状態で買うので非常に負けやすい。

別にこういうエントリーの仕方はやっても良いわけですが、黄色の波でトレードするのが良くない。

こういうエントリーの仕方は、赤の波の継続を狙ったトレードになります。

赤の波でトレードなので、青の安値ラインを割った時点で損切りすることで負けにくくなります。

自分はどの波でトレードしているのか?

これがゴチャゴチャになるとわけがわからなくなります。

しっかり、「自分はどの波でトレードするのか?」というのを把握してトレードしましょう。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。