レンジ相場での逆張り手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジ相場 逆張り

相場の7割がレンジ相場と言われています。レンジでは方向感がなく、一定の間隔で上に行ったり、下に行ったりするのが特徴。この特徴を狙ってトレードするのがレンジの逆張りです。

今回はレンジ相場での逆張り手法の紹介です。

 

レンジ相場での逆張り手法

レンジ相場は得意ですが、私の場合レンジ相場でもトレンドフォローで勝負するので、レンジの逆張りというのは専門外。ということで、今回も調べながら書いていきます。

レンジ相場の逆張りはこんな感じ。

レンジ上限まで上がってきたら売って、レンジ下限まで落ちてきたら買う。

ただ、レンジは必ずブレイクします。なので、買いも売りもやるのではなく、長期の方向だけやるのが基本らしい。

このパターンだけでトレードしてたら何も考えていないトレードになりそう。

右2つのロングとか、「何でそこで買うの?」としか思いません。

正直、こういうレンジトレードはおすすめしません。勝てないというより相当難しいと思うので。

基本的に、上に抜けなかったら下に抜けやすくなります

上を試して抜けきれなかったところで下で買うわけですから。

ズボっとやられる可能性は非常に高い。

よっぽど強いサポート付近じゃないと、こういう動きにはなりづらい。

2度も3度も安値をつけて上がっていくのは想定外の動き。

レンジトレードもトレンドフォローも同じ

レンジ逆張りといっても基本はトレンドフォローと同じ。

どの上昇に対して押し目買いなのか?どの下落に対して戻り売りなのか?ということを意識すると良いと思います。

レンジトレードとトレンドフォローの違いは、高値、安値まで到達するか?到達しないか?の違い。

要はレンジになる可能性を考えているか?ということだけ。

レンジになる可能性があるから、レンジ上限になりそうなところで利食いする。

ここで買うのもアリだと思います。

ただ、利食いも近くなりますが。

基本的にレンジは高値切り下げ、安値切り上げの三角持合いになります。

トレードとしてのうま味はあまりありません。

リスクリワードも1:1行けば良いほうだと思うので。

実際の相場でのレンジ逆張り

昨日の揉み合いです。

この揉み合いでどうやって逆張りするか?

チャートが出来上がってしまえば簡単。

ボリンジャーバンドとか使って、タッチしたら売るだけ。

下はタッチしてないので買えませんが、タッチしてれば買えます。

個人的にはインジケーターだけで判断するのではなく、ロウソク足の動きをも見て判断したほうが良いと思います。

ここで、レンジの逆張りという発想のトレードならこんな感じになります。

赤矢印で買って×で利確。

青矢印で買うのは早い。

大きな流れは上なので、売りはそもそもやりません。

「レンジになる」という発想なので、レジでは利確しなければいけません

これが「高値まで伸ばす」という発想なら、それはもうレンジトレードではありません。

ただの押し目買いを狙ったトレンドフォローです。

青矢印で買うのが早いというのは、安値を下抜けているからです。

ここは、戻り売りで安値更新するところ。

安値を目指していたところで紫上昇が出たことでレンジになる可能性が出てきます。

このトレードは、ハッキリ言ってうま味はありません。

見ているチャートで、レンジになっているからといって逆張りで狙ってもリスクリワード的に全く美味しくない。

では、どうすれば良いか?というと、時間足を短くします。

時間足を短くする

1分足。

5分足でレンジトレードをやるとなると、紫上昇の下に損切りを置くことになるのでリスクリワードは美味しくありませんが、1分足だと黄色上昇の下に損切りが置けます。

黄色上昇に対して押し目買いで普通のトレンドフォローですよね。

5分足のレンジになる可能性があるわけですから、5分足のレジでは利確するのが良いと思います。

15分足、5分足とかでレンジになっていても、1分足なら普通のトレンドフォローで勝負できますし、4時間足、1時間足のレンジなら15分足、5分足でトレンドフォローで勝負できます。

レンジ逆張りという発想より、時間足を落としてトレンドフォローで勝負したほうがリスクリワード的にも美味しいですし、なによりもトレンドフォロー、レンジトレードと手法を使い分ける必要もありません。

レンジ相場での逆張り手法のまとめ

相場の7割はレンジだと言われています。なのでレンジトレードを覚えなければいけないというわけではありません。

レンジでもトレンドフォローで勝負できます。

ただ、あくまでもレンジはレンジ。止まるところではしっかり反発してくるので、長中期のレジサポを確認して、レンジ上限、下限になりそうなところではしっかり利確しましょう。

SNSでもご購読できます。