ピラミッティングとナンピンのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピラミッティングとナンピンのやり方

相場はどう動くかわかりません。そのため、リアルタイムの動く相場にあわせて投資金を追加していくのがピラミッティングやナンピンという資金管理を使ったトレード手法です。

今回はピラミッティング、ナンピンのやり方や違いを紹介します。

ピラミッティングとナンピンのやり方

トレードが上手な方は、ピラミッティングやナンピンを使って上手に資金管理を行っているそうです。

個人的にはやるのはナンピンだけ。ピラミッティングというのはやったことありませんし、やり方がよくわからない。。。

ということで、今回も調べながら記事を書いていきます。

ピラミッティングとナンピンの違いとは?

ピラミッティングは買い増し、売り増しとも言われていて、エントリー後「思惑通りに動いてるな~」というときに資金を追加していく方法です。

最終的に思惑通りに目標達成すると、資金を追加した分だけ利益も多くなるという仕組み。

逆にナンピンは、思惑通りに動かず逆行してきたときに資金を追加していく方法です。

ナンピンも最終的に思惑通り目標達成すると資金を追加した分だけ利益も多くなります。

ピラミッティングのやり方

ピラミッティングを使うことで、効率よく利益を出すことが出来るそうです。

ピラミッティングのやり方はこんな感じ。

ピラミッティングの使い方

最初にロングして、「思惑通り動いてるな~」と思うところで更にポジションを追加していきます。

ポジションを追加していくきのポイントが、最初にロングしたときの枚数より少ない枚数を追加していくのがポイント。

ピラミッティングでエントリー

逆にどんどん増やしていくのは逆ピラミッティングと言うそうです。

逆ピラミッティング

うまく使いこなせればすごく効率は良さそうですが・・・

かなり上級者向けのテクニックだと思います。

たぶん、行き当たりばったりでは使い物になりません。

「どこが目標になっている?」「どこを抜けたら伸びる?」、こういうことを把握していて、「どのタイミングで何枚増やすか?」

また、ポジションを追加したけど、思惑通りに動かなかったときは、どのタイミングで損切りするか?

損切りするにも、「一部を損切りするか?」「全部損切りするか?」

こういったことを最初にポジった時点で計画しておかなければいけません。

スイングトレードなら考える余裕もあると思いますが、スキャル、デイトレだと相当難易度が高くなると思います。

個人的にはピラミッティングのやり方を知ったからといって使いこなせる自信はありません。

ナンピンのやり方

ナンピンのやり方はこんな感じ。

ナンピンのやり方

逆行してきたらどんどんポジションを追加していきます。

メリットとしては、逆行してきてもポジションをどんどん追加していくので利益が出るのが早い。

最終的に思惑通りに動けば大きく勝てるということ。

デメリットはこのトレードのように、負けるときはすってんてんに負けます。

ナンピンで損切り

「ナンピンは絶対ダメ!」みたいなことを言う方もいますが、個人的には全く問題ないですし、ピラミッティングと違って初心者の方でも扱いやすいトレード手法になります。

ただ、「負けを取り戻そう!」という考えでナンピンするのは良くないですし、資金が底をつくまでナンピンし続けるというのは頭が悪すぎるのでやめましょう。

ナンピンを使ったトレード手法

個人的にナンピンはよく使いますが、ナンピンするのは「負けを取り戻そう」という発想ではなく、単純にそこがエントリーポイントだからです。

また、必ず損切りもします。

昨日のトレードです。

ナンピンでエントリー

紫水平線がレジスタンス。つまり、エントリーポイントです。

損切りが青点線で利確目標が赤点線。

どこでエントリーしても1:1以上になるのでどこで入っても良いわけですが、やっぱり損切りに引き付けたほうがリスクリワードは良くなります。

「上のレジで待ってたけど上がってこずに落ちた・・・」

こういうのが嫌だから早めにとりあえず乗る感じです。

このトレードは一番下のレジから落ちましたが1:1以上取れてるので問題ありません。

利確目標がもっと上なら、やっぱり上のレジまで引き付けたいところ。

ナンピンの使い方

個人的には、リスクリワードを考えて、早めに乗るか?しっかり引き付けるか?というのを使い分けています。

レジサポの判断が難しいならフィボナッチが簡単なのでおすすめです。

フィボナッチでナンピン

50%とか61.8%とかが反応しやすいので段階的にナンピンすると良いと思います。

安値更新後も伸びると思うなら38.2%とかの早めに入るのも良いと思います。

このチャートは1分足なのでスピードも速く難しいですが、5分足ぐらいなら時間的にも余裕があるのでやりやすくなります。

ピラミッティングとナンピンのやり方のまとめ

ピラミッティングとナンピンのやり方でしたが、ピラミッティングは難易度が高いので腕に自信のある方だけチャレンジしましょう。

ナンピンは比較的簡単に出来ますし、使い方を間違えなければ効率よくエントリーチャンスをものに出来ます。

ナンピンを「損切りしない方法」とか、「負けを早く取り戻す方法」と考えていると非常にリスクの高いトレードになりがちなので要注意。

「効率よくエントリーチャンスでエントリーできる方法」と考えると敷居も低くなり、使いやすくなると思います。

SNSでもご購読できます。