2018年3月20日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月20日 ドル円チャート分析です。

2018年3月20日 ドル円相場分析

日足。

黄色下落に対して戻り売り。

矢印から戻り売りが入って安値を目指しているところです。

4時間足。

紫下落に対して戻り売り。

浅い位置から落ちようとしてグチャグチャやっていただけです。

レンジを上に抜けたとしても、紫下落に対して戻り売りということは忘れずに。

「なぜ下に落ちないのか?」と、チャートを見ながらやきもきしている方も多いと思います。

水色ゾーンは売り失敗ゾーンです。

つまり、強サポ。

簡単には抜けないことは最初からわかっていますし、基本的に、こういうところを抜けるには一旦買いが入らないと抜けません。

1時間足。

このチャートを見て、どう思うか?

個人的には、ものすごくやりづらい相場です。

上に動くときはずっと陽線だし、下に動くときはずっと陰線。

一気に動いて、一気に最終レジサポまで到達。

途中から乗るのは非常に難しい相場です。

安値を切り上げてます。

なので、短期的には買い優勢。

この上昇がとりあえず目指しているのが黄色の高値ライン。

目標に到達すると利益確定も入りやすいので注意しましょう。

15分足。

大きな流れは下ですが、買いが崩れていないので売りはしばらく様子見です。

長中期の流れに逆行しているので、基本的にはロングはやらないほうが良いところです。

スキャルならロングをやっても問題ありません。

なぜか?というと、スキャルの長期は15分足ぐらいになるので。

1分足でトレードする場合は、日足の方向とかほぼ関係ありません。

1時間足ぐらいでトレードするなら、買いが失敗して落ちていくタイミングを狙いたいところ。

赤下落は崩れていないので、このサイズだと赤下落に対して戻り売りです。

4時間足で見るとこんな感じ。

黄色下落に対して戻り売りで、黄色下落の安値まで狙っても良いところ。

こういうのを狙っているのであれば、目線はコロコロ変えずにチャンスを待つのが良いと思います。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。