移動平均線とMACDを組み合わせた使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
移動平均線 macd 組み合わせ

MACDはダマシが少ないのが特徴のインジケーターです。

今回はMACDと移動平均線を組み合わせた使い方の紹介です。

 

移動平均線とMACDを組み合わせた使い方

昨日に引き続きMACDについてです。今回も他のサイトで調べながら書いていきますが、MACDについて調べてたらどうやらダマシが少ないらしい。

昨日のMACDとは違いますが、他のサイトで紹介されているMACDは多分このタイプ。

MACDの使い方

MT4は2つインストールしてますが、こちらのMT4はサーバーがポンコツ過ぎて使ってないやつで、ポンコツな方のMT4に入ってました。多分、デフォルトで入ってるものではなく、どこかで拾ったものだと思います。

MACDは12期間と26期間の指数平滑移動平均線(EMA)で作られているテクニカルだそうです。

MACDは、移動平均線よりサインが出るのが早いのが特徴

MACDのエントリーサイン

青と赤のラインがあります。

MACDの設定

青がMACDで、赤がMACDシグナル。

エントリーサインは2本のラインがクロスしたところになります。

移動平均線も表示。12期間と26期間です。

MACDとEMA

移動平均線もゴールデンクロス、デッドクロスというのがエントリーサインになりますが、移動平均線よりMACDのクロスの方が若干早い。

MACDのエントリーサイン

サインは早ければ良いというものでもないので、実際に使うには、これらの特徴を生かしてどうやって使いこなすか?というのがポイントになるかもしれません。

MACDのダイバージェンス

オシレーターでは、ダイバージェンスが反転のサインと言われていますが、MACDもダイバージェンスが出るのが特徴。

どうやらMACDはオシレーターじゃないらしい。記事を書きながら今知りました。。。

下に表示するのでてっきりオシレーターと思ってましたが、そもそもオシレーターとインジケーターの違いも良くわからないレベルです。

ぶっちゃけ、インジケーターの計算式とか意味とか勝つためには必要のないことだと思ってます。重要なのはどこで使うか?ですので。使いどころさえ間違えなければ、大体使いこなせると思います。

ダイバージェンスとはこういうところ。

MACDのダイバージェンス

ロウソク足とMACDが逆行しているところになります。

ロウソク足は安値切り下げているのに、MACDは安値切り上げている。逆に、ロウソク足は高値を切り上げているのに、MACDは高値を切り下げている。

これがダイバージェンスで、反転のサインと言われています。

ちょうど今もダイバージェンスになってますが、じゃあ、ここで売るのか?という話。

個人的には、もうちょっと様子を見たいところ。

ロウソク足がグイーンと上がれば、MACDもグイーンと上がりますからね。

ダイバージェンス解消

こうなるとダイバージェンス解消になります。

MACDの欠点

MACDの欠点は、サインが早めに出るのでダマシになるケースも多いらしい。イヤイヤ、だまし少ないってどこかのサイトに書いてたけど・・・

また、レンジ相場に弱いらしい。まあ、トレンドフォローで使うインジケーターなので当たり前のことです。

水色のところとか、クロス、クロスでグチャグチャになってます。

MACDの弱点

こういうところをどうやって回避するか?というのが、MACDを使いこなせるか?ということに繋がるのかもしれません。

移動平均線とMACDを組み合わせて使う方法

MACDはダマシが多いのが欠点ですが、それをカバーするために移動平均線を使います。他のサイトを参考にしてますので、他のサイトで紹介されている設定です。

移動平均線の期間は、トレンドの方向性を見るために使うので期間は長め。200期間と75期間がおすすめらしい。

200期間と75期間を表示させるとこんな感じ。

移動平均線の設定

移動平均線の上にあるときは買い目線。

移動平均線の上にあるときに、MACDがクロスしたら買って、クロスしたら決済というのが基本的なトレードスタイルになります。

エントリーと決済はこんな感じ。

MACDのエントリーポイント

なかなか良いのではないでしょうか。イマイチな結果のところもありますが、水色のところでは大きく勝ててます。

昨日の相場も見てみましょう。

MACDの売りサイン

2勝1敗で良い感じです。

弱点としては、ずっとチャートを見ておかないといけないといこと。そこら辺は自分なりに何らかの工夫が必要になってきそうです。

ちなみにこれは15分足。さすがにこれをずっと見てるのはしんどそう。。。

スキャルピングで使えるか?

5分足。

MACDの5分足スキャルピング

5分足は15分足と変わらず使えそうな感じです。

1分足。

MACDの1分足スキャルピング

昨日の下落のところですが、見ようによっては使えそうですが、1分足はあまりやらないほうが良いかも。

おそらく建値決済が連発すると思いますので。

ダイバージェンスで押し目買い、戻り売り

赤○のところは75期間の移動平均線にタッチしてるので、戻り売りを狙えるチャンス。

ダイバージェンスを使ったエントリー

赤○のところを1分足で見てみるとダイバージェンス発生。

1分足でダイバージェンス

「ここから戻り売りが入る!」と思うなら、MACDがクロスしたあたりとか、移動平均線を下抜けたあたりで売っていくのも良いのではないでしょうか。

ちなみに、これはヒドゥンダイバージェンスというやつだと思います。

ヒドゥンダイバージェンス

ヒドゥンダイバージェンスは反転ではなく、トレンド継続のサインと言われています。

移動平均線とMACDを組み合わせた使い方のまとめ

今回は移動平均線とMACDを組み合わせた使い方でした。

今回紹介した方法は、普段私が使っているトレードとはタイプの違うトレードスタイルでした。

人それぞれやり方はありますし、こういうトレードがやりやすいというのであれば、今回紹介したトレードのようなやり方を研究されるのも良いのではないでしょうか。

というか、多分、今回紹介したやり方が一般的だとは思いますが。

SNSでもご購読できます。