FXは待つことが一番大事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXで安定して勝ち続けるには?「FXは待つことが一番大事!」

トレードを長くやっていると、無駄なトレードを減らすことが勝つための一番近道だということに気づきます。無駄なトレードを減らすためにはしっかりチャンスまで待つことが大事!

今回はFXは待つことが大事!についてです。

FXは待つことが一番大事!

久しぶりのアドセンス記事。久しぶりすぎてどんなキーワードで記事を書いてきたか忘れていますが。。。今回は待つことの重要性について。

FX 待つ えつこ

どうやら待つことに関しては、『えつこ』っていう人が有名人らしい。ゲーム実況のえれ子なら知ってるけど。

えつこの評価はどうでも良いとして、待つことはトレードの中で重要なポイントになります。これさえ出来ればぶっちゃけ、大負けすることはないと思いますし、普通に勝てると思います。

今日の記事でも書きましたが、待つことさえ出来れば勝率50%は楽に維持できると思います。勝率50%あれば少なくとも大負けすることはありません。

まずは、資産を減らさないこと。そのためにはしっかりチャンスまで待てるようになりましょう。

そもそも、なぜ待てないのか?

「チャンスまで待つことが大事」それはわかっている方は多いと思います。でも、実際チャートを見ていると待てない。思わずクリックしてしまう。

わかっちゃいるけどやめられない。その理由が、「置いてかれる・・・」という不安や焦り。

なので、この「置いてかれる・・・」という不安や焦りを解消できれば、チャンスまで待つことが出来るわけですが、ぶっちゃけ、「置いてかれる・・・」という不安は何をやっても解消できません。そのためトレードには妥協が必要になります。

「置いてかれたらしょうがない・・・」というあきらめの気持ちが必要。

ちょうど今、レンジブレイクしてます。

レンジブレイクを待つ

陽線、陽線と続いているので、このまま上に抜けるかもしれません。「置いてかれる~」と思ってると、どこかでエントリーしたくなります。

手法によっては、こういうところでエントリーするのかもしれませんが、私の手法だと矢印の位置でエントリーすることはありません。

矢印でエントリーする根拠は何なの?

おそらく矢印でエントリーする方のほとんどは、「レンジをブレイクしたから」と答えると思いますが、そういうエントリーは個人的にはやりません。

ロングでエントリーするときは必ず、どの上昇に対して押し目買いなのか?ということを考えてエントリーします。

この位置でのロングは、赤上昇に対して押し目買いになります。

押し目買いを待つ

赤上昇に対して押し目買いなら、目標が赤水平線になるので位置的にはかなり悪い位置になります。何が悪いか?というと、リスクリワード。

手法によっては、エントリー位置から-5pipsとかで損切るものもあると思いますし、一概にこのエントリーが悪いとは言い切れませんが、個人的には、根拠のあるところに損切りを置くのでこの位置でのエントリーは良くありません。

赤上昇に対して押し目買いなわけですから、損切りは青の安値ライン、最低でもゾーン下に損切りを置きたいところ。

損切りライン

青ラインやゾーン下に損切りを置くなら、下に引き付けて買ったほうがリスクリワードは良くなります。

まあ、こんなことを書いている間にも置いてかれそうですが、「置いてかれたらしょうがない」というあきらめが肝心。結局、このあきらめが待てるか待てないかに繋がるので。

もし、下に落ちてきた場合、矢印まで落ちてくるのを待ってバチンとエントリーするか?というと、やりません。

サポートまで待つ

別にやっても良いと思いますが、私の場合はやらないというだけです。個人的にはもうちょっと待ちたいところ。

なぜか?というと、今日の記事を見てもらうとわかると思いますが、方向的には下ですので。

しっかり緑ゾーンで止まるのを待ちます。

待って押し目買い

ここでロングをやるとしたら、青上昇や緑上昇に対して押し目買いになります。

なので、損切りの位置も変わってきます。

FXは待つことが一番大事!のまとめ

待てるようになるには、「置いてかれたらしょうがない」というあきらめの気持ちが必要になります。

ロウソク足の勢いや動きに付いて行こうとすると、いつまで経っても相場に振り回されます。

どの上昇に対して押し目買いなのか?基準となる上昇や下落が決まったら、あとは損切りの位置、利確の位置を決めて、リスクリワードが納得できるときだけトレードするようにしましょう。

SNSでもご購読できます。