インジケーターを使った押し目買いと戻り売り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インジケーターを使った押し目買いと戻り売り

インジケーターを使って押し目買い、戻り売りでエントリーしている方は多いと思います。どいういうところで押し目買い、戻り売りを狙えば良いのか?

今回はインジケーターを使った押し目買いと戻り売りについてです。

インジケーターを使った押し目買いと戻り売り

久しぶりの記事更新になるので、どんなキーワードで記事を書いていたか?というのを忘れています。。。

アクセスを集めるためには、なるべくキーワードがかぶらないようにしなければいけないわけですが、キーワードはかぶらなくても、内容はかぶるのでご了承ください。

トレードってシンプルですからね。難しいことをたくさん覚えなければいけないというものではありません。一つのことを突き詰めるほうが勝ちやすいと思います。

インジケーターはサポートとして使う

インジケーターの形を見てエントリータイミングを見ている方は多いと思いますが、そういうやり方はおすすめしません。インジケーターはサポートとして使うのが使いやすいと思います。

ちょうど今、移動平均線を下抜けてます。

中期(青)と長期(緑)は下向き。短期(赤)はまだ上向きですが、ここから落ちれば赤も下を向きます。

ここでエントリーしても良いのか?という話。

このまま落ちるかもしれませんが、個人的にはここでのショートはおすすめしません。

インジケーター以外でエントリーの根拠を考える

インジケーターを使うときは、「インジケーターの形がエントリータイミングだから」という理由でエントリーするのではなく、インジケーター以外の根拠でエントリーすることが大事。

インジケーターは最終的な確認で使うのが良いと思います。

最終的な確認というのは、「本当にここでエントリーしても良いのか?」という確認です。

エントリーするときに考えるのは、「なぜ、ここでエントリーするのか?」という根拠。

ここでショートするということは、紫下落に対して戻り売りになります。

つまり、赤○の高値が「戻り目になる!」と思ったから矢印でショートします。

それ以前に、「紫下落に対して戻り売りが成功する!」と思うからここでショートを狙います。

もし、「赤○が戻り目になる!」「紫下落に対して戻り売りが成功する!」と思っているなら、移動平均線を下抜けた、矢印のようなところでエントリーしても良いと思います。

この根拠であれば、青点線が損切り、赤点線が利確でリスクリワードも問題ありません。

ここでエントリーするのはおすすめしないと書きましたが、おすすめしない理由はインジケーター以外の根拠が薄いからです。

簡単に言えば、現時点では、紫下落に対して戻り売りが成功するとは思えない、赤○が戻り目になるとは思えないからです。

インジケーターの形ではなく、重要なのは、1本の上昇や下落。

いろんな情報を勉強するのではなく、こういうシンプルなところを突き詰めていくほうが勝ちやすいと思います。

そもそも、紫下落って戻り売りが成功しやすい下落なのか?

どういう上昇や下落が、押し目買い、戻り売りの成功する確率が高いのか?こういうのを検証してみるのも良いと思います。

個人的には、「勝率は何%か?」という検証は全くやらないので、実際、どれくらいの勝率なのかは知りませんが、押し目買いや戻り売りが成功しやすい上昇や下落の見つけ方を紹介します。

押し目買い、戻り売りが成功しやすい上昇、下落

一つ目が転換のパターンです。

もう一つが、高値切り下げを確定させた下落。

こういう上昇や下落が押し目買い、戻り売りが成功しやすいです。

ただ、こういうことを言うと、チャートの形だけで判断する方も多いと思うので注意しましょう。

長期の方向やレジサポも重要になります。

例えば、長期の方向が上で水色ゾーンがサポートだったとしたら、V字する可能性は非常に高くなります。

V字する可能性があると思うときは、短期で方向を揃えてから狙うと勝ちやすくなると思います。

関連記事⇒初心者でも勝てる!デイトレード手法公開!

今回エントリーするなら、矢印のようなところがやりやすいと思います。

高値も切り下げているし、エントリーの根拠は紫下落に対して戻り売りで狙えます。

インジケーターを使った押し目買いと戻り売りのまとめ

エントリーの根拠はインジケーター以外で見つけて、インジケーターは「本当にここでエントリーして良いのか?」という確認で使うのがおすすめです。

押し目買い、戻り売りの成功しやすい上昇や下落を見つけて、押し目買い、戻り売りを狙おうとすると、大体インジケーターは絶妙の位置にあることが多いです。

また、インジケーターだけではだましが多くなりますが、1本の上昇、下落に注目することで、だましも減らすことができると思います。

SNSでもご購読できます。