2017年12月18日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月18日 ドル円チャート分析です。

2017年12月18日 ドル円相場分析

4時間足。

赤下落に対して戻り売りです。

水色ゾーンを上抜けるようなら、青上昇に対して押し目買いで高値を目指す可能性も出てきます。

1時間足。

このサイズだと上昇トレンドになっているので、紫上昇に対して押し目買い。

方向がバラバラなので手を出さないほうが良い相場。

スキャルなら紫上昇に対して押し目買いが続かないと思うところからショートが狙えます。

ただ、このショートをやる場合は、黄色上昇に対して押し目買いがどこから入ってくるか?ということを考えておく必要があります。

波のサイズを考えておかないと、黄色上昇に対して押し目買いで高値更新もありえるので注意しましょう。

黄色上昇のサイズで高値を目指した。

でも、高値まで届かずに落ちてきた。

「黄色上昇に対して押し目買いが続かない」と思うところから、安値を目指すようなショートが狙えます。

逆にロングなら、赤下落に対して戻り売りが入ってきて、それが続かないと思うところから。

安値を下抜けずに同じことが起こるかもしれません。

チャートパターンはいくつも考えられます。

なので、チャートの形ではなく、「戻り売りが入ったけど、続かなかった」という意識でチャートを見ると、エントリータイミングも見つけやすくなると思います。

どこで戻り売りが入って、多くのトレーダーが戻り売りを考えたか?

そして、戻り売りを狙った多くのトレーダーはどこで損切りになったか?

売り勢が負けたところがロングのチャンスになるので、そういうところを見極めて狙っていくと勝ちやすくなります。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。