FXトレード シナリオの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FX シナリオの書き方

チャートの形やインジケーターのサインだけでトレードしている方も多いと思いますが、重要なのはシナリオを自分なりに描き考えること。シナリオをしっかり考えた上で出たチャートパターンやインジケーターのサインの精度は高くなります。

今回はFXトレードのシナリオの書き方についてです。

 

FXトレード シナリオの書き方

今回はシナリオについて。

為替のシナリオ

シナリオの書き方は、手法によって違ってきます。重要なのは「どの手法が使えるか?」「どのシナリオが正しい?」ではなく、自分でしっかり考えてシナリオを描くこと。

FXに正解はあって無いようなもの。シナリオが間違ってれば、素直に間違いを認めて損切りすれば良いだけです。

自分のシナリオが間違ってれば損切りして、自分の描いたシナリオが正しかったときに利益を出す。

リスクリワードが1:1以上で、50%あれば利益は残っていくわけですから、2回に1回間違えても問題ありません。

チャネルを使ったシナリオの立て方

ライントレードではチャネルラインを使うことも多いですが、個人的には使いません。

専門外なので、詳しくは知りませんが、たぶんこんな感じでチャネルラインを引くと思います。

チャネルラインを使ってシナリオを立てる

フラッグパターンは使うことがありますが、こういうチャネルラインは全く使いません。

チャネルラインを使ったシナリオの立て方はシンプルにこんな感じだと思います。

チャネルラインを使ったトレード

上昇トレンドなので安値に引いたトレンドラインから買って、高値に引いたチャネルラインで利確するのが一般的だと思います。

下の矢印から買うときは、バチンと買うのではなく、しっかり反応を見てから、損切りが置ける安値ができてから買ったほうが勝率は上がるし、リスクリワードも抑えられます。

エントリーのタイミングは、水平線と同じようなやり方で良いと思います。

関連記事⇒水平線だけで勝てる!FXトレード手法

ダウ理論を使ったシナリオの立て方

赤○のところをダウ理論を使ってシナリオを考えてみます。

シナリオを想定する

チャートが出来上がってしまえば簡単。

赤の波で上昇トレンドなんだから、「押し目買いで良いじゃん!」

ダウ理論でシナリオを描く

チャートが出来上がってしまえば簡単ですが、実際はそんな簡単なものではありません。

もっと大きな目線で見ると青下落に対して戻り売りです。なので、緑のところは買いと売りの思惑がぶつかる難しいところ。

では、どのタイミングでトレードすれば良いのか?

一般的なダウ理論を使った方法が、高値や安値の切り上げ、切り下げを見ていきます。

赤の安値を割ったことで、高値切り下げが確定してます。

シナリオのプラン

なので、次も高値を切り下げることを予測して、赤○のところで戻り売りを狙う人が出てきます。

こういうとこで買うと、レンジに捕まりやすい。

かといって、売るか?というと、売るの早い。

なぜなら、赤上昇に対して押し目買いですから。

想定できるシナリオ

高値、安値の切り上げ、切り下げばかり注目していると、こういう基本的なことを忘れがち。

しっかり、方向を合わせたうえで、高値、安値の切り上げ、切り下げは見ていきましょう

なので、ここで考えるのは買うタイミング。

どのタイミングで買えば良いか?となると、安値が切り上げたタイミングからになります。

このチャートだとどこで安値が切り上げ確定したか?というのがわかりづらいですが、青の高値ラインを上抜けたら切り上げ確定と判断しても良いと思います。

シナリオどおりに動く

想定されるシナリオは複数

シナリオは1つとは限りません。想定されるシナリオが複数あるのが普通です。複数あるシナリオの中で、自分の中で一つに絞られたときだけトレードするのが基本

緑の位置で考えられるシナリオは大きく分けて2つ。

複数のシナリオ

①赤上昇に対して押し目買いで高値更新する。
②青下落に対して戻り売りで赤下落が崩される。

①のシナリオの可能性が高くなるのが、安値切り上げが確定した赤○のタイミングになります。

その後のオマケのシナリオとしては、高値更新したら、青下落が崩れる。青下落が崩れるようなら、さらに上のレジスタンスや112円を目指すというシナリオが立てられます。

ここまでシナリオが立てられれば、エントリーは自分なりのやり方でやりましょう。

シナリオを書いてエントリー

シナリオの書き方のまとめ

難しい話だったと思いますが、これをやらなければいけないというものではありません。シナリオの立て方は人それぞれあって良いと思います。

今回はダウ理論を使ったシナリオの立て方だったので難しかっただけですので。もっとシンプルに自分なりのやり方で良いと思います。

自分のエントリーだけでなく、逆目線で見ている人のことも考えるようにしましょう。

逆目線で見ている人のことを考えると、複数のシナリオが考えられます。

複数のシナリオが考えられて、わけがわからないなら、そこはトレードしてはいけないタイミング。

自分の考えが優勢になったときだけトレードすると、エントリータイミングも絞込みやすくなると思います。

SNSでもご購読できます。