2017年11月17日 トレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月17日のトレードです。

 

 

2017年11月17日 トレード

5分足。

ツイッターをやってて気づいたのが、人が儲かってるのを見ても、スルーしている自分がいること。

千人近くの方をフォローしているので、さすがにすべてに目を通すことはありません。

ほとんどの方が「いくら儲かった!」「+○pips!」とかつぶやいてますが、正直興味が沸かないのでスルーです。

逆に、負けまくっている人や負けトレードをつぶやいていると、「どんなとこでエントリーしたんだ?」と気になってしまって、その人のツイッターを見に行ったりしてます。

私だけかもしれませんが。。。

人と同じことをやっていても、どうせスルーされるだけなので、今後は、なるべく負けトレードを多めに紹介していきたいと思います。

勝つときも負けるときも、やってることは全く同じですからね。

では、昨日のトレードです。

1時間足。

下降トレンド継続中。

青○でものすごく揉みました。

レンジになって下にブレイクしたので追撃でショートです。

4時間足。

追撃するときに考えるのは、下に重要なサポートがないか?ということ。

水平線ぐらいまですんなり落ちると思ったので短期でショートを狙いました。

最初にオチを言ってしまいますが、私、112円に気づいてません。。。

信じられないかもしれませんが、私、普段から右の数字は全く見てません。

このブログでも、いろいろ偉そうなことを書いてますが、ぶっちゃけアホ。

特に、数字が苦手なので、目に入ってるけどスルーしてる感じ。

112円台を落ちているときも、「112円ってどこにあるの?」「今の位置より上?」「下?」

数字をちゃんと目で見て確認してライン引いてないとそれすら理解できないレベル。

ほぼ病気でしょ。。。

1分足。

ということで、このトレードは何がダメだったのか?というのは一目瞭然。

112円に向かってエントリーしてますから。

安値更新後、グングングンと落ちると思ったら、逆にビュンと陽線。

「はぁ?」

112円に気づいたのは、建値で撤退した後、他の人のツイッターを見てから。

アホなトレードとしか言いようがありません。

もうひとつが上のトレード。

速い展開で水平線まで落ちると思ったので矢印からショートしてます。

青○のところはダマシですよね。

その、ダマシを使っての戻り売りです。

結局、V字したので売り失敗です。

売り失敗ゾーンが緑。

売り失敗ゾーンを下抜けた後、戻りを待ってましたが置いてかれました。

5分足とか15分足レベルでトレードするなら売りゾーンを下抜けたら、適当にどこかでエントリーしても良いと思います。

1分足でやってるので、戻りを待っただけです。

5分足。

トレンドラインが綺麗に引けるのでトレンドラインが意識されます。

あっさりブレイクしてますが、赤○のところでは買いと売りがぶつかって売りが叩き落してます。

だからこういうところがレジスタンスとして機能します。

青の安値ラインもレジスタンスになります。

そもそも、なぜ青の安値ラインがレジスタンスになるのか?

矢印のところで新規の売りが入ってくるからという理由もありますが、もうひとつ理由があります。

赤○で「ここから上がる!」と思って買ってた人がいるわけです。

このブレイクは、買ってた人の撤退の力が加わることで勢いよくブレイクしていきます。

こうなると、普通は途中で逃げますが、それでも我慢して買いポジションを保有している人もいます。

そして、その人たちが最終的に逃げられるチャンスが矢印のところ。

だからこういう安値はレジスタンスとして機能しやすいと言われています。

実際はどうだか知りませんが。

でも、チャートは、そうやって人の思惑で動いていると考えると、また違った見え方になり、予想するのも楽しくなるかもしれません。

私は予想するのは全く楽しくありませんが。。。

ぶっちゃけ面倒くせ~だけです。

やらなきゃしょうがないからやってるだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。