2017年11月15日 他通貨ペア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月15日 ユーロドル、ユーロ円、ポンドドルのチャート分析です。

 

2017年11月15日 他通貨ペア

ユーロドル

週足。

赤○の高値がレジサポ転換して上がろうとしてます。

日足。

赤下落に対して戻り売り。

下から一方的に上げて緑ゾーンまで突っ込んできているところ。

勢い的には上だけど、レジに突っ込んできてます。

なので、買うにしてもやりづらい状況です。

4時間足。

一方的に上げているので非常に買いづらいです。

緑ゾーンぐらいから上がりそうなら、短期でも買えそう。

中期的にロングで攻めるなら青水平線ぐらいまで落ちてきてほしいところです。

日足の方向は赤下落です。

なので、どこからでも落とされる可能性があるので要注意。

また、一方的に上げているので下支えがない状況。

一度落ち始めると、速い可能性あるので注意しましょう。

基本は売り目線なので、買い失敗後の売りを狙うのがおいしいかもしれません。

ユーロ円

週足。

週足レベルのレジに突っ込んできてるので、「そう簡単には上がらないよ」というところです。

日足。

頭を抑えられてダブルトップを形成してます。

すでにネックラインは割れている状況。

ネックラインを割ったあとは落ちずに、グイ~ンと上げてきてます。

ダブルトップ、三尊で落ちるか?それとも、失敗して上がるか?というところ。

とりあえず、ネックラインを下抜けているので下で良いと思います。

レジに突っ込んできている状況なので、ここから売るのも良いのではないでしょうか。

もし、ダブルトップで落ちるようなら、リスクリワードはおいしいので。

ただ、この上げ方なので落ちるかどうかはわかりませんが。

上昇の勢いが強いので、赤上昇に対して押し目買いが入ってきます。

赤上昇に対して押し目買いが続くのか?というのを見極めて、「続かない」「失敗した」と思うところから売ったほうが落ちやすいとは思います。

ロングをやるなら、一旦落ちてきたところを、赤上昇に対して押し目買いがやりやすい。

今の位置から高値更新を狙うのは、リスクが高いので、あまりおススメはしません。

高値更新したとしても伸びるかどうかわからないので。

ポンドドル

週足。

大きな流れは下ですが、ジリジリとフラッグパターンのような上がり方をしてます。

日足。

赤上昇に対して押し目買いですが、もうちょっと落ちても良いかなというところ。

中途半端な位置から上げようとして糞揉んでます。

4時間足。

黄色上昇に対して押し目買いです。

2度矢印から上がろうとして、どちらも失敗。

なので、今は紫下落に対して戻り売りの番。

黄色上昇に対して押し目買いを考える人もいれば、紫下落に対して戻り売りを考える人もいるので揉みます。

今は、青下落が出て下に方向が揃っている状態。

強めに上げてきてますが、買いが失速するようなら青下落に対して戻り売りで安値更新する可能性があります。

そうなると、芋づる式に、紫下落に対して戻り売りで安値更新もありえるし、黄色上昇の安値割れという流れも考えられます。

逆に考えるなら、青下落が崩されるようなら売り失敗です。

それを起点に、紫の高値、黄色の高値更新という流れも考えられます。

まあ、2度上げようとして失敗しているので、個人的には下に落ちる可能性が高いと思いますが、結果はどうなるかわかりません。

グチャグチャっとしたレンジでも、起点となっている上昇、下落というのが必ずあります。

そこら辺を意識してみていると、ただのレンジも違った見え方になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.