2017年10月27日のトレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月27日のトレードです。

2017年10月27日 トレード

5分足

最近トレード回数が多くて糞みたいなトレードも多いですが、参考になりそうなのはこんな感じ。

1回目が負け、2回目がほぼ建値、3回目が勝ちです。

1回目のトレードは、上昇トレンド中に高値ラインからトレンド転換したところを買う普通のやり方。

エリオット波動でいうところの3波狙いだし、「普通買うよね」というところ。

ここは買い注文が集中します。

それをズボっと落とした。

なぜ、落ちたか?というと、単純に買いを上回る売りが入ってきたら。

水色が買い失敗ゾーンになります。

大きな流れは上なので、下にはサポートがあります。

レジスタンスとサポートに挟まれたところは基本的に揉みます。

買いが失敗したら、買い失敗ゾーンから、しっかり戻り売りが入ってくるのを待つ。

そして、それが続かないと思うタイミングから買います。

赤矢印でエントリーしてます。

まあ、今見ると速い感じもしますが。。。

サポートを信じてないと、こういうエントリーはしないほうが良いと思います。

高値を切り上げた後の青矢印が理想的かなと思います。

ただ、紫ゾーンも1分足で上がろうとしたところをズボっと落とされています。

紫も買い失敗ゾーンなので下からバチンとやるには、サポートを信じてないと出来ません。

個人的には水色ゾーン下限より、赤水平線が本命だと思っていたので、下から積極的に狙っています。

エントリー後は高値更新して順調に上がりそうでしたが、想像以上にゾーン下限が強くて途中で撤退してます。

やっぱり、強い抵抗帯を抜くときは、力強い陽線でグングン上がらないと落ちてくる可能性も高くなります。

そして、その落ち方が速い可能性が非常に高い。

最後のトレード。

このトレードは前のトレードとは意味の違うトレードになります。

前のトレードは上昇トレンド中の押し目買い。

このトレードは、安値更新してるので、戻り売りのところで戻っていくタイミングでのロングです。

結果的に高値更新してますが、戻り売りが入ってきそうなところでは利確したほうが無難です。

個人的には、1時間足レベルの高値更新というのはあまり狙わず、レジスタンスでは利確していくスタイルなので、やっていることはあまり変わりません。

普通に、サポートから反発したのを確認してからの押し目買いです。

一発目の上昇で自分が「戻り売りが入ってきそう」と思うところまで上がったらロングはしないほうが良いと思います。

また、こういうトレードが出来のは自分の信じたサポがあった場合のみです。

どこでもやれば良いというものではないので注意しましょう。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。