FXトレードルールの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXトレードルールの作り方

FXトレードではルールは絶対必要になります。相場は常に動いてますし、いろんな動き方をします。そのため、手法を学んでそっくりそのまま真似するにしてもルールは必要です。

今回はFXトレードのルールの作り方です。

FXトレードのルールの作り方

人それぞれ、自分なりのトレードルールは合って良いと思います。「これじゃなきゃダメ!」というものでもありませんので。自分なりに使いやすいようにルールを作っていきましょう。

今回は、ルール作りの基盤として、これだけ入れたほうが良いというものを紹介します。

自分は何をやっているのか?を把握する

「どの上昇に対して押し目買い?」「どの下落に対して戻り売り?」

ブログでも毎日言っていることです。たぶん、あまりこういうことを言う人はいないと思いますが、非常に重要なことなので自分のトレードルールの中に取り入れることをオススメします。

今、落ち始めてますが、ここでショートをやるなら「なぜ、そこで売るのか?」という理由がないとダメですよね。

FXトレードルールの例

インジケーターが下を向いているから売る?

ボリンジャーバンドのトレードルール

なんか、クロスしたから売る?

デットクロス

エントリー自体はこういうルールでエントリーしても問題ないと思います。ただ、なぜ、そこで売るか?としての根拠は弱いですし、インジケーターだけに頼っていても相場を理解することは出来ません。

相場をすべて理解することは不可能ですが、「どの上昇に対して押し目買い?」「どの下落に対して戻り売り?」、こういうことを考えながらトレードすると、理解できるところが増えていき、実際予想通りに動くことも多くなっていきます。

予想通りに動くようになると、自分の予想に自信が付いてきます。前の記事でも書きましたがFXで勝てるようになるには自信という感情が必要。不安を抱いたままではいつまでたっても勝てるようにはなりません。

どの上昇に対して押し目買い?どの下落に対して戻り売り?

ここでショートする意味は何なのか?

トレードルールの検証

ここでショートする意味は、紫下落に対して戻り売りです。

シンプルなトレードルール

赤○が戻り目になって安値を目指している途中のショートになります。

なので、損切りを入れるなら、紫か青の高値が妥当。

FXトレードルールを公開

紫下落に対して戻り売りで、青の高値が戻り目になって落ちると思っているわけですから、黄色の高値に損切りを入れるのは良くありません。こういう高値はすぐに刈られます。

V字してますが、そもそも、「赤○が戻り目になって安値まで落ちる」と思うからここでショートするわけです。なので、上げてきたところで売っても全く問題ありません。

勝つためのルール作り

「損切りを小さくしたい!」「リスクリワードを良くしたい!」と思うなら、中途半端な位置に損切りを置くのではなく、信頼できる損切りラインに引き付けて売るのがポイントです。

黄色の高値に損切りを入れるパターン

黄色の高値ラインは簡単に刈られるので、こういう高値には損切りを入れてトレードするのは良くありません。ですが、損切りを入れて良い場合もあります。

エントリールール

何が違うのか?というと、波のサイズです。

損切りルール

赤下落に対して戻り売りを狙うなら、黄色の高値に損切りを入れても問題ありません。

1分足。

簡単なルールの作り方

MAだか何だか知りませんが、インジケーターを上抜いているので、ここは売るところはないと思います。下に抜けるようなら売っても良いのではないでしょうか。

ただ、このトレードは赤下落に対して戻り売りです。なので、目標は赤下落の安値ラインになります。

安値を下抜けたあとV字で黄色の損切りを刈られる可能性は十分考えられるので注意しましょう。

FXトレードルールの作り方のまとめ

「どの上昇に対して押し目買いなのか?」「どの下落に対して戻り売りなのか?」、これを把握してトレードすることで、どこが目標となって、どこに損切りを置くべきか?ということが見えてきます。

「自分は何をやっているのか?」ということを把握することで、自信を持ってエントリー出来るようになります。

また、「どの下落に対して戻り売りなのか?」ということを把握することで、「勝率を上げるためには何をすべきか?」ということもわかってきます。

勝率を上げるためにはどうすれば良いか?というと、結局は、押し目買い、戻り売りが成功しやすい上昇や下降を見つければよいだけです。

インジケーターの設定とか、エントリー位置とか、ぶっちゃけどうでも良い。どの上昇、下落が、押し目買い、戻り売りの成功率が高いのか?ということのほうが重要ですよ。

SNSでもご購読できます。