2017年10月25日 ドル円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月25日 ドル円チャート分析です。

2017年10月25日 ドル円相場分析

4時間足。

矢印から押し目買いが入って高値を目指していますが、114円から一旦落とされています。

1時間足。

114円から強めの落ちてきましたが、トレンドラインがレジサポ転換したような形で上がってます。

手法によってはこういうラインの使い方もあると思いますが、個人的にはこういうトレンドラインの使い方はしません。

使うならこのパターン。

これは昨日も紹介したフラッグパターンの使い方と同じ使い方になります。

関連記事⇒FXトレードで上昇フラッグや下降フラッグの使い方

トレンドラインのレジサポ転換を狙う場合は、横のラインも確認したほうが良いと思います。

15分足。

ちょうど今、落ち始めてますが、水色ゾーンで止まらなかった場合、赤水平線ぐらいまで落ちてくるかもしれません。

当然、その勢いのまま安値更新ということも考えられます。

安値更新した場合、黄色ゾーンから再び高値を目指す可能性が出てきます。

勢い良く上げてますが、サポートが弱いと、やっぱり上げきれないことが多い。

逆目線だと、レジスタンスはしっかり守られて、青、紫と下に方向が揃っている状態。

日足。

赤下落で安値更新してます。

なので、赤下落に対して戻り売りの番。

そして今は、赤下落に対して戻り売りの本命のレジに突っ込んできているところ。

スキャルやデイトレであれば、「上だ!上だ!」となっても良いかもしれませんが、中期や長期でトレードするなら、ここから買うのはリスクが高くなります。

短期でトレードするにしても、日足の本命レジに突っ込んできてるところなので、上げてもズボっズボっと落ちやすいところなので注意しましょう。


人気ブログランキング

SNSでもご購読できます。