FXのメンタル強化 メンタルを鍛える方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXのメンタル強化

FXに限らず投資ではメンタルが重要視されています。初心者の方はあまり意味がわからないかもしれませんが、FXを続けていけば、メンタルが重要だということは必ず実感すると思います。メンタルが弱い人は勝てない?どうやったらメンタルって鍛えられるの?

今回はメンタル強化についてです。

FXのメンタル強化 メンタルを鍛える方法とは?

「我慢してホールドすれば良かった・・・」「もっと早く損切りすれば良かった・・・」「我慢できずに変なところエントリーしてしまった・・・」「もっと待てば良かった・・・」

FXトレードに後悔はつき物。そのたびに、「もっとメンタルが強かったらな~」と感じる方も多いと思います。では、どのようなメンタルになりたいのか?メンタルが強い人ってどういうメンタルの持ち主?

決めたところで利確、損切り出来る強いメンタル?欲に負けず、しっかりホールドし続けるメンタル?ルール以外のところでは絶対にトレードしない頑なな心?

そもそも、メンタルって強化出来る?

メンタルを鍛えることは出来ます。ただ、どのようなメンタルを鍛えれば良いか?ということを理解してないと、メンタルを鍛えることは出来ませんし、そもそも「メンタルが強くなった!」という実感もわきません。

メンタルを鍛えるためには、修羅場をくぐって含み損に耐えるメンタルを鍛えるべきなのか?ロット数を上げて恐怖に耐えるべきなのか?

どういうメンタルを鍛えれば良いか?というのを知らないと、「メンタルを鍛える!」となると、こういうことを考えがち。こういうことをやる必要は全くありません。むしろ逆効果なのでやめたほうが良いと思います。

では、どういうメンタルを鍛えるべきか?というと、自信です

FXは技術です。ほかの技術と全く同じ。技術の上達に必要不可欠なのが自信というメンタルなのです。自信がないと技術というのは、そもそも身に付きません

自信とは?

自信といっても、怪しい自己啓発のような「私は自信に満ち満ちて溢れいる!」という類のものではありません。私の考える自信というのは「当たり前」というレベル。

例えば、パソコンの操作。初めてパソコンを使ったときのことを思い出してみてください。「わけわからん!」みたいなレベルではなかったでしょうか?それが今では、当たり前で使いこなせている。

「別に、そんなに難しくないし」
「操作覚えれば簡単だし」
「トラぶっても、それなりの経験があるから対処も出来るし」

これが自信です。

ほかの技術でも同じ事が言えます。上手に出来るものは「出来て当たり前」という感情が必ずあります。FXも同じように「出来て当たり前」というメンタルにならなければいけません。

「出来て当たり前」というメンタルにならないと、そもそも技術はマスターできないわけですから。

メンタルを鍛える方法とは?

メンタルを鍛える方法とは「出来て当たり前」という自信を付ける方法になります。「出来て当たり前」というメンタルになるために必要なのは、普通に考えれば練習しかないですよね。

「ルール通りやり続ければトータルで勝てるし」
「損切りになってもトータルで勝てれば問題ないし」
「マイナスの日があっても月で勝てれば良いし」
「ルールが当てはまるのはどこか?と探すだけなので、そんなに難しくないし」

こういうことを普通に思えるのが、強いメンタルです。

逆に弱いメンタルとは、

「本当にこのルールで勝てるのか?」
「また損切りになった・・・」
「今日は絶対に負けたくない!」
「どこでエントリーするの?」

こんなメンタルで上手くいくわけがありません。

メンタル強化のまとめ

ロット数を上げても含み損に耐えられる強靭なメンタルというのはFXには必要ありません。必要なのは、「出来て当たり前」というメンタル。

「出来て当たり前」という自信が揺らいでしまうと勝てなくなるので注意しましょう。

例えば、1枚でトレードするのと、10枚でトレードするのではメンタル負荷が違ってきます。なので、自分の自信が揺るいでしまうような枚数は良くありません。

「出来て当たり前」という自信が揺らいでしまうような枚数は自分に合ってないので、徐々に体を慣らしていかなければいけません。ロット数を上げるときは必ず、どこかのタイミングで自信よりも不安が上回ってきます。

不安や恐怖というのは強烈な感情なので、今まで積み上げてきた自信を簡単に壊してしまいます。不安や恐怖を抱きながらトレードすると、ピンポイントで負けを選んでトレードする現象が頻発するので、ロット数を上げるときは慎重に上げていきましょう。

SNSでもご購読できます。