2017年10月20日 ドル円ロング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月20日のトレードです。

2017年10月20日 トレード

1分足。

上げてきているのでロングを狙う場面です。

逆の目線で見ると、レジスタンスまで上げてきて、ダブルトップを作ってネック割れ。

なので、高値まで狙うのはリスクが高くなります。

一応、赤○の高値がレジサポ転換して反応してますが、こういうサポートラインはあまり強くありません。

このトレードは何か?というと、サポートまで落ちてきて、ボックスを作りました。

ボックスをブレイクした後の押し目買いです。

目標は赤の高値ライン。

なぜ、赤の高値ラインが目標になるのか?

買いとしては、とりあえず何をやりたいか?と考えたときに、まず、やりたいのは青の売りの流れを崩したい。

こういう高値ラインは目標になりやすい。

また、こういう高値は上抜くとこんな感じでダラダラ落ちてきやすい。

スキャルなので、こうなることを予想して、サッサと利確したほうが気持ちよく終われます。

エントリーは、ボックスを抜けで飛び乗るのではなく、「本当にここから上がるのか?」ということを確認してからのエントリーです。

ボックスがしっかりサポートして機能することを確認した後にエントリー。

損切りは緑のボックス下でも良いし、青点線でも良いと思います。

このトレードは青点線に入れてます。

エントリーは紫の点線。陰線でバチンとエントリーしてます。

利確が黒点線なのでリスクリワードも問題ありません。

結局、安値を抜けきれずにV字してます。

この上昇を1分足で取るのは難しい。

5分、15分サイズなら取れると思います。

1分足でも取れないことはないですが、損切り幅が広くなるので、結局は5分足、15分足サイズのトレードになります。

損切り幅を小さくしようと、無理やり1分足の波でトレードすると負けやすい。

青の安値とか。こういうのは即効で切られます。

損切りを小さくしたいなら、損切り幅を小さく出来るところまでしっかり待ちましょう。


人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。