FXでマーチンゲールは勝てるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXでマーチンゲールは勝てる

有名な投資法でマーチンゲール法という投資法があります。連敗しても一度でも勝つことが出来れば、今までの負け分、更に利益も出せるという効率の良い投資法です。

今回はマーチンゲール法についてです。

 

FXトレードでマーチンゲールは使えるのか?本当に勝てる?

投資法はいくつか種類があります。マーチンゲール法は一番有名な投資法で、FXでも取り入れられているようです。負けるたびに投資金を倍にしていくので倍々法とも呼ばれています。

一度でも勝つと負けを取り戻し、更に利益まで出せるという効率の良い投資法ですが、実際は非常にリスクが高い投資法になります。マーチンゲール法は使えるのか?

結論から言えば使えます。ただ、使える人と使えない人がいます。誰でも使うことが出来る代物ではありません。

マーチンゲール法を「絶対に使ってはいけない」と、禁止している人もいますが、それは人それぞれ。使いたければ使っても良いと思いますし、ちゃんと勝てる手法です。

マーチンゲールは使えるけど使う必要はない

個人的にはFXでマーチンゲール法を使ったことはありませんが、競馬、競艇などで使ったことがあるのでどんなものかは分かります。実際、競馬や競艇ではマーチンゲールを使う人はたくさんいます。そして、ちゃんと利益を出し続けています。

私が、FXの勉強を始めて一番最初に思ったことは「楽勝じゃん!」

リスクリワードが1:1で勝率50%以上で勝てるわけですから。しかも、それを達成するのはさほど難しくない。これは競馬、競艇で考えると、オッズが2.0倍のものを勝率50%で的中させるのと同じレベルです。圧倒的にFXの方が簡単です。

ぶっちゃけ、FXでマーチンゲールをやる意味が分かりません。やりたいならやっても良いと思います。でも、マーチンゲールをやらないと勝てないほどFXは難しいものではありません

リスクリワードを1:2とか1:3とか、勝率を70%とか80%とか、トレードチャンスを増やそう、というなら難しくなりますが、1:1以上で勝率50%で良いわけですから。

欲張らない限り、リスクリワード1:1以上、勝率50%というのは比較的簡単に達成できます。

マーチンゲールをやってはいけない人

マーチンゲールはやりたければやっても良いと思います。ただ、絶対にやらない方が良い人もいます。それは、マーチンゲールを使うことに恐怖を感じている人。

「5連敗したら・・・」「10連敗したら・・・」「一度損切りになると、取り戻すのにどれくらい掛かるの?」

こういう不安や恐怖がある方は、絶対にやらないようにしましょう。ほぼ間違いなく、その不安や恐怖は的中します。不安や恐怖を感じながらトレードしてると、必ず負けに引っ張られます。

負け組みの人の特徴が、数あるトレードチャンスの中からピンポイントで負けを選んでトレードします。そして、その精度も抜群。

不安や恐怖を抱きながらトレードすると、この現象は必ず起こります。また、枚数を上げすぎた場合も同じ現象が起こるので注意しましょう。

マーチンゲールを使って良い人

マーチンゲールを絶対にやってはいけない人もいれば、逆にマーチンゲールをやっても良い人もいます。それは、使ってはいけない人の逆の思考を持っている人。

「毎日利益が出て嬉しい!」「超簡単じゃん!」「リスク高いって言うけど、ちゃんと損切りするから大丈夫!」「勝率50%だからどうせ5回までに必ず当たるし!」「私、失敗しないので!」

こういう、頭の中にお花畑が咲いてそうな思考を持ってる人たちはマーチンゲールを使っても成功します。イヤらしい相場を見すぎて、性格がひねくれてしまった私には到底無理な思考。

「そんな、能天気な考えだといつか失敗するだろ~」基本的に、こういうポジティブ思考の人たちは失敗しません。

マーチンゲール法のまとめ

マーチンゲール法のやり方は簡単。負けるたびに枚数を倍々していくだけです。なのでやり方をあえて紹介する必要もないと思います。

使える人は使える、使えない人は使えない、そんな手法なので、自分の性格に合わないなら止めたほうが無難です。ものすごくしんどいので。

個人的にはマーチンゲール法のような手法を使うぐらいなら、損切り幅を広くする、利益幅を小さくする、損大利小のトレードの方がメンタル的にも優しいと思いますよ。

SNSでもご購読できます。