FXトレード 利食いルールの決め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXトレード 利食いルールの決め方

エントリーしたら最終的にはどこかで決済しなければいけません。決済には利益を確定させる利食い、そして、損失を確定させる損切りがあります。損切りするのは嫌だけど、ルール自体は簡単。ですが、利食いのルールは非常に難しく、「これだ!」という正解がありません。

今回はトレードの中で最も難しい利食いについてです。

最適な利食いのタイミングは? 利食いルールの決め方

最適な利食いのタイミングは無い

初心者の方や、なかなか結果が出せない方は、トレードの中で一番難しいと思っているのがエントリータイミングではないでしょうか?「エントリータイミングが難しい・・・」と思うのは今だけ。

経験を積み、ある程度結果が出せるようになるとエントリータイミングはさほど難しいものではなくなります。ですが、利確のタイミングはいつまで経っても難しいものです。

「もっと伸ばせば良かった・・・」「欲張らずにもっと早く利食えば良かった・・・」いつまで経ってもこういうことは考えますし、「結局どこが正解なの?」という答えも見つかりません。

感情が入りやすく非常に難しいのが利食いのタイミングです。なので、利食いは損切りと同じように、感情を排除し、機械的に淡々と行なうのがベストです。

レジサポを使った利食いルール

利食いのルールには人それぞれのやり方があります。個人的にはレジサポを使って利食いします。

今やってたトレードです。矢印からショートしました。

ショートエントリー

緑ゾーンはサポートなので、緑ゾーン上の赤点線が利食い目標です。

シナリオとしてはこんな感じ。

トレードのシナリオ

自分の思った動きにならなかったらどこかであきらめて損切りするしかありません。今回は赤の動きで考えていたので、損切りは青の点線に入れてます。

それにしても、なんだこのV字は・・・ムリムリ。まあ、2回トレードすれば1回はこんな感じで負けても、リスクリワードが1:1以上ならちゃんと利益は残っていきます。気にせず損切りしましょう。

レジサポを使った利食いルールを使った場合、基本的にあまり伸ばせないので、「勝つときは大きく勝ちたい!」という方にはあまり向かない利食いルールになります。

チャートパターンを使った利食いルール

ダブルトップやボックスを使ったチャートパターンを使って利食いするルールがあります。

三尊

これは、ヘッド&ショルダーとか三尊とか呼ばれているチャートパターンだと思います。基本的にどのチャートパターンも1:1ぐらい伸びると言われているので、ボックス幅と1:1ぐらいのところまで狙えます。レジサポなんか気にしてるとこの下落は取れません。損切り幅を小さく出来るなら、更に大きな利益を狙うことが出来ます。

また、チャートの形が出来て、「どこまで伸びるか?」ということを予想して利食いの目安を決めるので、エリオット波動なんかも同じようなやり方だと思います。

トレールを使った利食いルール

矢印でエントリーしたなら、安値を更新して行くたびに損切りを切り下げていく方法です。損切りと利食いが同じなので、勝てば利食い、負ければ損切りです。

トレールを使った利食いルール

ダウ理論を使った方法なので理にかなっていますが、意外と難しいやり方。タイミングによっては損切り貧乏になりやすい手法です。また、利確するときは必ず利益が減ります。

利食い目標を設定して指値を入れていた場合、このあと伸びるかもしれませんが、利食いするときは必ず、最大に利益が出たところで利確することが出来ます。

指値を使った利食いルール

ですが、トレールを使った場合は必ず利益が減ったところで利食うことになります。

トレールで利確

一応プラスだけど、ストレスが溜まるので個人的にはやりません。

レートを使った利食いルール

ツイッターを見てると、多分、このやり方が一番多いような気がします。

レートを使った利食いルール

矢印でエントリーしたら、112.50ぐらいまで落ちるだろうということで112.50まで持ち続けます。レジサポを気にしないので、取れる時は大きく取れます。

ただ、数字ばかり見てると、変なところから急反発してきて「なんでこんなところから反発するんだ・・・」「意味わからん・・・」とかなりがち。

利食い目標として右の数字を使うのは良いと思いますが、基本は左を見たほうがチャートのことが理解しやすいと思います。

インジケーター、サインツールを使った利食いルール

インジケーターやサインツールを使った利食いも取れるときは大きく稼げます。

インジケーターを使った利食いルール

エントリーと損切りに関しては曖昧な部分や、ダマシも多く慣れるまで難しいので、完全にツールに頼ったエントリーはおすすめしません。ですが、利食いに関しては完全にツールに頼っても良いと思います。

感情を入れずに淡々とルール通りに利確していくのが重要です。

利食いルールの決め方のまとめ

利食いは一番感情が入るところです。なので、一切感情を入れずに淡々とルール通りに行なっていくのが良い結果につながりやすいです。

「どの利食いルールが一番儲かるか?」ではなく、自分に合った利確ルールで統一しましょう。利食いは感情が入りストレスが掛かる部分です。自分の性格に合わないルールだと非常にストレスが溜まるので、ストレスの溜まらない方法を選ぶのがベストな選択だと思います。

どの利食いルールも良い時もあれば悪い時もある。トータルでプラスにしていくのが目的ですので。一回のトレードに執着せず長く使えるルールを選びましょう。

SNSでもご購読できます。