FXトレード デイトレの正しい損切りルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXトレード デイトレの正しい損切りルール

損切りは絶対に必要なルール。デイトレードに限らず、スキャルピング、スイング、全てのトレードで損切りは必要です。たまに損切りをせずに儲かっている人もいますが、絶対に真似しないようにしましょう。

今回は損切りのルールの決め方について解説します。

FXトレード デイトレの正しい損切りルールの決め方

損切りを入れることでトレードが難しくなる

相場は上がるか?下がるか?の2択です。なので、ど素人が適当に予想しても50%当たります。ある程度相場のことを勉強してれば最終的にどちらに行くか?という予想はさほど難しくありません。おそらくほとんどが、予想していた方向へ動くでしょう。でも、損切りを入れることで急激に予想が難しくなります。

かといって、損切りを入れないわけにはいかない。損切りの重要性は、ある程度トレードの経験があるなら分かるはずです。思惑通りに動かなかった場合は、どこかで必ず損切りをしなければいけません。

損切り貧乏で負ける理由

損切りの重要性は分かっている。だから損切りする。「ルール通り損切りしてるのになかなか勝てない・・・」そんな人は、損切り貧乏と呼ばれる損切りの仕方をしている可能性があります。

損切り貧乏になりやすい人の特徴が、「少しでも負ける額を小さくしたい・・・」という気持ちで損切りします。なので、損切りする位置が中途半端。負けるときはしっかり負けることが大事

負けるときは負ける。勝つときは勝つ。これだけで良いわけです。1回のトレードに執着せずにトータルで考えるようにしましょう。

途中で撤退する理由

個人的にも途中で撤退することもあります。ただ、口座の赤数字を見て「怖くなったから・・・」という理由で撤退することはありません。

途中で撤退する理由は、「ここを抜けたらダメだな・・・」と思うから撤退します。要は、新たな損切りラインが出来たから撤退です。

ロングをやるところじゃありませんが、例えば矢印でロングしたとします。

スキャルピングの損切り

最初に決めていた損切りが赤の安値ライン。エントリー後、順調に伸びてますが、今の位置から落ちてきて、青の安値ラインを下抜けたからといって損切りすることはありません。

青のラインで損切りしていると、損切り貧乏になりやすい。

こんな感じになれば、黄色の安値ラインで切っても良いと思います。

途中で損切りするタイミング

黄色のラインで切るのが正解ではなく、切っても切らなくても良いと思います。

個人的には、黄色の安値ラインを下抜けたら、「どうせ赤の安値ラインも抜けるだろう」と思うから速めに切るだけです。

黄色の安値を下抜けたとしても、赤の安値ラインを抜けてないわけですから、こんな感じで上がる可能性もあります。

損切り位置を移動

こうなったらどうする?あきらめる?乗りなおす?

この判断が出来ないなら、途中撤退はやらないほうが良いと思います。最初に決めた損切りまで持つのが基本です。

正しい損切り設定

デイトレ、スキャルピング、スイング、どれも損切りは根拠のあるところに設定します。デイトレなら-20pips、スキャルピングなら-5pipsとか、pipsで損切りするのは、全く根拠の無い損切りの仕方です。

では、根拠のある損切りの場所はどこか?基本は、高値、安値です。もしくはゾーン。水平線はおすすめしません。

例えば、112円に水平線を引いていたとして、112円の5pips下に損切りを置くとか。こういう損切りはよくない。

水平線を使った損切りルール

この場合は、すぐ下に安値があるので安値に入れるのが良いと思います。

なぜ、水平線が機能するか?というと、水平線の上下に買い圧力や売り圧力があるからです。

水平線の正しい損切り

なので、ロングを狙うときに考えるのは、どこまで買い圧力が加わるか?もしくは、どこで買い勢力があきらめるか?ということ。

買い勢力が「これは無理だ・・・」とあきらめて損切りするところに損切りを入れるのが正しい損切りの入れ方です。

買い勢力が損切りすれば、それは売り注文になります。売り注文が集中すれば下にブレイクする可能性があるわけですから、我慢して持ち続ける意味はありません。

オシレーターを使った損切りルール

とある商材のトレード手法です。矢印でロングします。

オシレーターを使った損切りルール

損切りはどこでするか?というと、よくわかりません。オシレーターで判断するそうです。逆張りロングなので、「下降トレンドが発生した!」と思うタイミングで損切りです。

出来上がったチャートならなんとなく判断も出来そうですが、リアルタイムで動くチャートで判断しようとすると非常に難しくなります。

ここでトレードした場合は、安値割ったら損切りで良いと思います。オシレーターだけに頼らず、「ここを抜けたら落ちる」というところで判断しましょう。

安値で損切り

矢印からショートするなら高値で損切りで良いと思います。

トレンド転換で損切り

高値を抜けたらトレンド転換ですから。ショートを持ち続ける意味はありません。

紫や黄色の高値で損切りするのも良いと思います。

損切りの目安

ただし、これは、自分がどのサイズの波でトレードしているのか?ということで決めなければいけません。簡単に分けるなら、紫がスイング、青がデイトレ、黄色がスキャルみたいな感じです。

スキャルで5pipsとか10pipsしか狙わないのに、紫の高値で損切りするとかだとリスクが高い。逆に、スイングで50pipsとか狙っているのに黄色の高値で損切りすると、損切り貧乏で負けやすい。

自分がどの波でトレードしているのか?ということを考えて、正しい位置に損切りを設定しましょう。

損切りルールのまとめ

損切りは必ず必要ですが、損切りしすぎても損切り貧乏で勝てない。「負けたくない!」という気持ちが強すぎると損切り貧乏になりやすいので注意しましょう。

負けるときはしっかり負けることも大事。それ以外のところで勝てば何の問題もありません。

また、-5pipsとか-10pipsとか、pipsで損切りしている方も勝ちにくいので、根拠のあるところに損切りは入れましょう。pipsが広ければ資金調整すれば良いだけです。

「資金調整とかメンドクセ~」と思うならそれはそれで良いのではないでしょうか。自分のお金ですし。他人がどうこう言うものでもありません。自分で好きなようにやりましょう。

SNSでもご購読できます。