FXで1日何pips稼ぐ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXで1日何pips稼ぐ?

「スキャルピングで1日何pips稼いだら勝てる?」「勝ち組は1日にどれくらいのpipsを稼ぐの?」pipsをどれくらい稼げば良いのか?勝ち組の人はどれくらい稼いでいるのか?気になると思います。

今回はpipsについて解説します。

FXで1日何pips稼ぐと勝てるようになるのか?

pipsはどうでも良い

1日に何pips稼ぐのが良いか?というのは知りません。人それぞれなので1日に100pips以上稼ぐ人もいれば、数pipsしか稼がない人もいます。

1日に何pips稼ぐか?

pipsにこだわっている方も多いですが、個人的にはpipsは全くこだわっていません。こだわっているのはリスクリワードです。

ツイッターなどを見てもらうと分かると思いますが、散々チャンスまで待って稼いでいるのは数pipsです。「何pips獲得したか?」ということも見ないので、実際、どれくらいpipsを稼いでいるか知りません。おそらく1回のトレードでは10pipsも行かないことがほとんどだと思います。

そもそも、トレードするポイントがドル円のレンジっぽいボラの狭いところなのであまりpipsは稼げません。なので平均獲得pipsは、5pipsぐらいだと思います。

5pipsぐらいならどのタイミングでも稼げそうですが、ひたすらチャンスまで待ちます。なぜ、そんなに待つか?というと、損切りをそれ以下のpipsの抑えられるタイミングまで待っているからです。

利益を5pips狙うなら、損切りは必ず5pips以下に出来るタイミングまで待ちます。だから、チャンスってそんなに多くないわけです。

獲得pipsよりリスクリワード

先ほどやってたトレードです。判断ミスだったので途中で撤退してますが、やることは同じ。

ロングエントリー

エントリー位置が黒の点線。損切りが青の点線。利確目標が赤の点線。損切りが4.4pipsに対して利確が10.4pipsです。リスクリワードは1:2以上あります。

損切りまでのpipsと利確までのpips

こういうタイミングを狙っているので、なかなかチャンスはめぐってこないわけです。

20pips、30pips稼ぐのは比較的簡単です。損切り幅を20pips、30pips取れば良いだけですから。リスクリワードは1:1。そんなに難しいことではありません。損切り幅を5pipsとかで20pips稼ぐとなるとめちゃくちゃ難しくなります。

勝率とリスクリワードはどちらを優先すべき?

勝率を上げるのは簡単です。リスクリワードを悪くすれば良いだけです。損切り1に対して、利益が0.5とか。損大利小のトレードなら勝率は確実に上がります。マーチーンゲールとかやるぐらいなら、こういう損大利小のトレードの方がメンタル的にも優しいと思います。

逆にリスクリワードを良くすると勝率は必ず落ちます。損切り1に対して利益は10とか。10回中1回でも勝てればトータルで負けることはありません。

ある程度エントリーが正しく出来るようになると勝率はある程度コントロールできるようになります。リスクワードを良くすれば勝率は落ちて、リスクリワードを悪くすれば勝率は高くなります。

勝率とリスクリワード、どちらを優先したほうが良いか?というと、どちらでも良いと思います。人それぞれ性格が違うので、自分の性格と相談しましょう。

勝率やリスクリワードを考えるようになると、獲得pipsとかどうでも良くなります。

pipsで資金調整しよう

固定のロット数でトレードしている方も多いと思います。なので、pipsにこだわるのだと思いますが、損切りするpipsに合わせて資金調整するほうが成績が安定しやすいと思います。

スキャルとかでどんどんポジションを追加していくようなスタイルなら、ロット数を固定したほうがやりやすいですが、それ以外にロット数を固定するメリットが思い当たりません。

何か他にメリットがあるのでしょうか?個人的には、最初から資金調整してたのでどんなメリットがあるのか分かりません。「何pips稼げばどれくらい稼げるか?」という計算がしやすいぐらいでしょうか。

損切り幅に合わせた資金調整の仕方

資金調整の仕方は簡単です。

pipsで資金調整

このトレードの損切り幅が-4.4pips。損切りを1000円にするには、1000÷4.4=227.22なので、ロット数は22722。ここら辺は使うFX業者で表示が違ってきますが、普通は2枚とかそんな感じだと思います。

損切りしたときの額を一定にすることで、リスクリワードの意味が発揮されます。固定枚数だとあまり意味が無い。

例えば、ボラが狭いときに1:1で連勝していても、ボラが広がったときの1:1で負ければ、今までの連勝で出た利益は1回の負けですべてぶっ飛びます。ボラが広がれば大きく稼げますが、負けることも当然ありえることです。

FXで1日何pips稼ぐ?のまとめ

手法によってpipsで考える手法もあるので、学んだ手法がpipsで考えるのであれば、それはそれで良いと思います。ただ、ボラが狭いとき、ボラが広いときぐらいは枚数を使い分けましょう。

個人的には、損切り額を一定にする方がリスクリワードを考えるだけなので成績は安定しやすいと思います。「ここの安値に損切り置きたいけどな~。pipsが広いな・・・」で、中途半端な位置に損切りを置いたり。

こういうことは資金調整すれば済むこと。根拠のあるところに損切りは置きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。