FXはインジケーターを使わないでも勝てるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FXでインジケーターを使わない手法

画像のチャートは普段使っているチャートです。インジケーターは一切表示させていません。インジケータを使わない手法なのですが、別にインジケーターを表示させても問題ありません。使いたいなら使いましょう。

FXでは、インジケーターを使わないでも勝てますが、使うなら使うで全く問題ありません。

インジケーターを使わないでも勝てる?その手法とは?

インジケーターを使わない手法とは?

個人的にはインジケーターを使わない手法を使っています。別にインジケーターが悪いというわけではありません。単純に、自分には必要ないから使わないだけです。

では、インジケーターやオシレーターを使わずに、どうやってチャートを分析するか?ということを解説していきます。

ロウソク足を見てチャートを分析する

インジケーターを使わない場合は、ロウソク足を見て判断するしかありません。ロウソク足を使った有名な手法が酒田五法というらしいですが、勉強したことないので全く知りません。ロウソク足を使うといっても、ロウソク足のパターンでチャートを見るわけではありません。

ロウソク足はなぜ動くのか?世界中の人が買ったり売ったりしているからです。つまり、ロウソク足の動きには人の心理が働いています。なので、人の心理を考えて、チャートを見ることが重要。

人の心理を考えるとは?

「FXでは、大衆心理を考えることが大事!」ということを言われていますが、「大衆心理を考える」とは、どういうことなのか?「大衆倫理を考える」というのは、ロウソク足の動きを見て、人はどのような行動をするのか?ということを考えることです。

まず、考えるのは、トレーダーはどういう動きになったら買いたいのか?逆に売りたいのか?

大衆心理

レンジになってましたが上に抜けました。矢印のところは多くのトレーダーが「買いたい!」と思うところ。実際、多くのトレーダーがここで「買いたい!」と思い、行動することでロウソク足は上に上がります。

多くのトレーダーが「買いたい!」と思うところは、買いが集中するのでサポートラインになります。逆に、「売りたい!」と思うところがレジスタンスラインになるのです。こういう人の心理を考えて、ラインを引くことが大事。

そもそも、なぜ、ラインやゾーンが機能するか?というと、そのライン付近で多くの注文が入るからです。画像のように、単純に「何度も止められているから、このラインは機能する」ではありません。

機能するラインの引き方

多くの人がどこで「買いたい!」「売りたい!」と思うのか?ということを考えながらラインを引くと、機能しやすいラインやゾーンを引けるようになります。

インジケーターは完全後出し

インジケーターを表示させてますが、使いたいなら使っても問題ありません。ですが、インジケーターやオシレーターに頼ったトレードはあまり良くない。

インジケーターを使わないで勝てる

表示させているインジケーターは、ボリンジャーバンド、RSI、MACD。どれも、ラインで反転したり、ちゃんと反転のサインが機能しているように見えます。なので、こういうのを見ると「インジケーターやオシレーターが反転してから買えば良いんじゃね?」とか、安易に考えがち。

インジケーターやオシレーターは完全に後出しです。ロウソク足が反転したから、インジケーターもオシレーターも反転しているだけです。

後出しなら、インジケーターを使う意味も無さそうですが、意味が無いわけではありません。インジケーターは、目安として使いましょう。「そろそろ反転するな~」という目安。

自分が、「戻り売りが入りそう・・・」と予想してたゾーンまで戻ってきて、インジケーターも反転している。赤○のところで売っても良いと思います。

ラインを使うとインジケーターを使わないで勝つ

RSIもMACDも反転してます。MAも下に抜けてきてます。ゾーン、インジケーター、オシレーター、と組み合わせて使えば信頼度も上がると思います。

インジケーターを使わないで勝てる手法もありますが、インジケーターを使いたければ使っても全く問題ありませんし、使ってもちゃんと勝てます。要は使い方次第。ですが、全てをインジケーターに頼るのはあまりおすすめしません。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.